Amazonへ


中古あり ¥1,110より

(2020/03/30 14:20:24時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

アール・ブリュット (文庫クセジュ)

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: アール ブリュット
出版社: 白水社
新書: 150 ページ
ISBN-10: 4560510296  ISBN-13: 9784560510292  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 702.07

紹介

アール・ブリュットの起源、呼び名、概念、作品の素材や形式、愛好家やコレクター、近年のブーム、美術館や市場までを概説する。
鑑賞されることを目的としない生の芸術

 近年、アール・ブリュットの作品を展示する場が増えている。アール・ブリュットに特化した展覧会はもちろん、ベネチア・ビエンナーレ国際美術展でも紹介された。フランスでは、日本の作家を紹介する「アール・ブリュット・ジャポネ」が、二度にわたって開催されている。はたしてアール・ブリュットとはどういったものなのか。
 本書は、「アール・ブリュットを巡る考察集団」の創立メンバーで、臨床心理士・ラカン派の精神分析家である著者が、その起源(第一章)、提唱者ジャン=デュビュッフェ(第二章)、定義(第三章)、概念がどう発展したか(第四章)、作品の素材やかたち(第五章)、愛好家やコレクターの心理(第六章)、近年のブーム(第七章)、作品を扱う美術館やギャラリー(第八章)、現代アートとの対話(第九章)など、さまざまな切り口で概説する。
powered by openBD
ほかのサービスで見る