Amazonへ


中古あり ¥2,200より

(2020/04/02 16:01:10時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

世界の食文化〈10〉アラブ

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: アラブ
出版社: 農山漁村文化協会
単行本: 297 ページ
ISBN-10: 4540060031  ISBN-13: 9784540060038  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 383.827

紹介

砂漠と石油とイスラーム?思い込みを一掃する、豊かな食卓。多彩なパン、香ばしい肉料理、新鮮な野菜、お菓子とコーヒー。戦争よりも、美味しいものを。対立よりも、食べ物をめぐる対話を。ご馳走は、諍いを鎮めます。

目次

序章 沙漠、農地、都市、そしてイスラーム(アラブとは何か
中東アラブの地域分けとその歴史
沙漠・農地・都市
イスラーム)
第1章 東アラブ-乳と蜜の流れる大地の食彩(歴史的シリア
イラク)
第2章 アラビア半島-コメ料理とコーヒー文化(サウディアラビア
オマーン
イエメン)
第3章 ナイル河谷-生命の糧としてのパン(エジプト
北スーダン)
第4章 マグリブ(西アラブ地域)-クスクスとハッカ茶(クスクスのすべて
マグリブのポピュラーな料理
断食月の楽しみ
アルコールの禁忌と嗜好性飲料の発達
お菓子と果物そして保存食)
powered by openBD
ほかのサービスで見る