STAY AT HOME, KEEP READING! COVID-19 : これまでとこれから詳しく
STAY AT HOME, KEEP READING!
Amazonへ


中古あり ¥1より

(2020/06/07 16:13:43時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

銀行激変を読み解く (日経文庫)

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: ギンコウ ゲキヘン オ ヨミトク
出版社: 日本経済新聞出版
新書: 216 ページ
ISBN-10: 4532113644  ISBN-13: 9784532113643  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 338.3

紹介

マイナス金利導入による銀行への激震から、バーゼル3,地銀再編、フィンテックまで、環境激変の銀行業界をわかりやすく解説。
◆横並び、健全性重視、無風状態から一変して、近年、ビジネス環境が激変している銀行業界について、銀行の一般行員や就活生でもわかるように解説します。


マイナス金利--日銀が打ち出したマイナス金利の影響を、銀行収益に直接かかわるものだけでなく、融資・預金、資産運用ビジネスなど幅広い影響まで詳細に分析。

バーゼル3--高度なリスク管理を否定する新しい国際金融のルールのインパクト。

金融行政の転換と地銀再編--健全性重視から事業性評価への転換。

世界の銀行の動向やフィンテック--銀行マンならおさえておきたい最新動向。

◆著者はメガバンクの企画・調査部門で、長年、銀行業や金融政策・行政についてウォッチしてきたスペシャリスト。

目次

第1章 日本銀行が導入に踏み切ったマイナス金利政策

第2章 欧州ではマイナス金利で何が起きたか

第3章 マイナス金利による負のインパクトを整理する

第4章 悪化する日本の銀行のドル調達コスト

第5章 バーゼルⅢは銀行を今後どのように規制するのか

第6章 欧州の金融システムの動揺と脆弱性

第7章 少子高齢化、疲弊する地域経済に銀行はどう挑むか
 
第8章 不安定化する新興国経済とマネー流出

第9章 世界的な国債市場の流動性低下

第10章 日本国債格下げリスク

第11章 TPP 実現すればビジネスチャンスに

第12章 フィンテックの可能性と限界

第13章 EU離脱で揺らぐ国際金融センター・ロンドン

第14章 銀行はこれからどうなるか--今後の方向性と望まれる対応
powered by openBD
ほかのサービスで見る