STAY AT HOME, KEEP READING! COVID-19 : 多くの図書館が閉館しています詳しく
STAY AT HOME, KEEP READING!
Amazonへ


中古あり ¥2,999より

(2020/05/26 02:55:46時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

近代日本鉄道会計史 -国有鉄道を中心として- (中京大学総合政策研究叢書)

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: キンダイ ニホン テツドウ カイケイシ : コクユウ テツドウ オ チュウシン ト シテ
出版社: 同文舘出版
単行本: 272 ページ
ISBN-10: 4495208918  ISBN-13: 9784495208912  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 686.34

紹介

日本では明治維新後、西洋式会計システムが導入された。明治期の日本の鉄道会計を通して、戦前期の日本に伝播した「複会計システム」と固定資産会計の展開について検証する。
先進資本主義国である英国から戦前期の日本に伝播した「複会計システム」なる報告会計システムと固定資産会計の日本鉄道会計における展開について検証することを目的とする。
近代会計の研究では、英米の鉄道会計が取り上げられてきた。英国で鉄道業が生まれた産業革命期は近代会計生成期でもあり、その展開に鉄道会計が果たした役割は大きい。 日本でも明治維新後、複式簿記に基づく西洋式会計システムが導入され、英国会計実務の影響を受けた。特に初期の日本の鉄道では資金調達・技術の点で英国に依存しており、日本の鉄道会計を俎上に載せることには意義がある。

目次

序 章 日本鉄道会計史研究の視座
第1章 複会計システムと固定資産会計
第2章 国有鉄道会計と複会計システム
第3章 国有鉄道における固定資産会計
    -「補充費」・「改良費」を中心として-
第4章 昭和初期における減価償却論争
結 章 総括
補章1 「鉄道国有化」の会計
補章2 私有鉄道における複会計システムと固定資産会計
powered by openBD
ほかのサービスで見る