Amazonへ


中古あり ¥7より

(2020/04/09 15:16:51時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

食品の裏側―みんな大好きな食品添加物

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
出版社: 東洋経済新報社
単行本: 244 ページ / 299.0 g
ISBN-10: 4492222669  ISBN-13: 9784492222669  [この本のウィジェットを作る]

紹介

添加物の世界には、消費者には見えない、知らされていない「影」の部分がたくさんあります。食品製造の「舞台裏」は、普通の消費者には知りようがありません。どんな添加物がどの食品にどれほど使われているか、想像することさえできないのが現状です。本書は、そんな「裏側」を告発するはじめての本だと思います。

目次

序章 「食品添加物の神様」と言われるまで
第1章 食品添加物が大量に使われている加工食品
第2章 食卓の調味料が「ニセモノ」にすりかわっている!?
第3章 私たちに見えない、知りようのない食品添加物がこんなにある
第4章 今日あなたが口にした食品添加物
第5章 食品添加物で子どもたちの舌が壊れていく!
第6章 未来をどう生きるか
powered by openBD
ほかのサービスで見る