Amazonへ


中古あり ¥361より

(2020/04/01 21:38:01時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

ヤバい統計学

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: ヤバイ トウケイガク
出版社: CCCメディアハウス
単行本: 320 ページ
ISBN-10: 4484111020  ISBN-13: 9784484111025  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 417

紹介

ディズニーランド、交通渋滞、クレジットカード、感染症、大学入試、災害保険、ドーピング検査、テロ対策、飛行機事故、宝くじ-10のエピソードで探求する「統計的思考」の世界。そのウラ側にある数字を知れば、統計学者のように思考し、自分の世界を自分で支配できるようになる。

目次

はじめに(知れば知るほど、自分が知らないということを知る
統計で世の中を良くする人々 ほか)
第1章 ファストパスと交通渋滞-平均化を嫌う不満分子(ディズニーランドの行列はなくならない?
高速道路渋滞のパラドクス ほか)
第2章 ホウレン草とクレジットカード-間違っているからこそわかること(推測の達人「モデラー」の活躍
O157の感染源をどうやって見つけたか ほか)
第3章 大学入試とハリケーン保険-グループ分けのジレンマ(SAT(大学進学適性試験)の公平性
似たもの同士を比較する ほか)
第4章 ドーピング検査とテロ対策-非対称がもたらす動揺(間違った陽性反応、間違った陰性反応
ドーピング検査の「相殺」の問題 ほか)
第5章 飛行機事故と宝くじ-「不可能」が起きるとき(墜落事故多発のありえない偶然について
宝くじ業界の不正と統計的検定 ほか)
おわりに(平均化を嫌う不満分子
間違っているからこそわかること ほか)
powered by openBD
ほかのサービスで見る

レシピ

いろいろな方にオススメ
本が好き(読んできた本たち)
by 7716さん 2115回閲覧 2012/09/29公開

信用できないもののひとつ 統計学をきちんとやればやるほどナントカ白書が怪しく思えてきますね。 きちんとした方向での統計学で世の中に生かす方法を考えるべきですね。よくある「政権支持率」なんかそうですね。