Amazonへ


中古あり ¥113より

(2020/04/09 12:22:59時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

アラブが見た十字軍 (ちくま学芸文庫)

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: アラブ ガ ミタ ジュウジグン
出版社: 筑摩書房
文庫: 489 ページ / 240.0 g
ISBN-10: 4480086153  ISBN-13: 9784480086150  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 230.45

紹介

11世紀から13世紀まで、200年にわたって西欧キリスト教徒が行った近東への軍事遠征-それが十字軍である。ヨーロッパ側の史料と史観に依拠することもっぱらで、ときに「聖戦」の代名詞ともされる、この中世最大の文明衝突の実相は、はたしてどのようなものだったのだろうか。豊富な一次史料を用い、ジャーナリストならではの生き生きとした語り口で、アラブ・イスラム教徒の観点からリアルな歴史を再現して、通念を覆し偏見を正すとともに、今日なお続く抗争と対立からの脱却の途を示唆する反十字軍史。

目次

序章 千年の対立ここに始まる
1 侵略(一〇九六〜一一〇〇年)
2 占領(一一〇〇〜一一二八年)
3 反撃(一一二八〜一一四六年)
4 勝利(一一四六〜一一八七年)
5 猶予(一一八七〜一二四四年)
6 追放(一二四四〜一二九一年)
終章 アラブのコンプレクス
powered by openBD
ほかのサービスで見る