Amazonへ


中古あり ¥15より

(2020/04/04 20:39:55時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

ヒトラーの側近たち (ちくま新書)

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: ヒトラー ノ ソッキン タチ
出版社: 筑摩書房
新書: 235 ページ
ISBN-10: 4480066241  ISBN-13: 9784480066244  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 234.074

紹介

ヒトラーに共鳴・心酔し、あるいは打算で、ヒトラーの支配妄想を成就させようと画策したナチスドイツ。直観力に優れ弁は立つが、猜疑心が強く気分屋のヒトラーに、なぜ、ナチスの屋台骨である有能な側近たちが追随したのか。彼らにより強化され、エスカレートしていったヒトラーの支配妄想とはいかなるものだったのか。ゲーリング、ヘス、ハイドリッヒ、アイヒマン、ヒムラー、ゲッベルス…独裁者を支えた側近は、政局や戦局のときどきに、どのように対処し振舞ったか。過激な若者集団が世界に巻き起こした悲劇の実相をえぐる。

目次

第1章 政権への道(よみがえる若者ヒトラー-輝く一級鉄十字章
ナチス党員番号2-エッサー ほか)
第2章 独裁支配の確立と戦争への道(国防軍司令官を前にした演説
独裁支配の演出-フリック ほか)
第3章 侵略戦争と側近たち(安楽死政策の遂行者-ボウラー
安楽死政策の方法と勇気ある司教 ほか)
第4章 破局を前にして(総統官邸地下壕
鳴り続ける電話 ほか)
エピローグ 彼らはどこで誤ったのか(国民の不満と過激な若者集団
個人崇拝のエスカレート ほか)
powered by openBD
ほかのサービスで見る