STAY AT HOME, KEEP READING! COVID-19 : これまでとこれから詳しく
STAY AT HOME, KEEP READING!
Amazonへ


中古あり ¥400より

(2020/06/06 08:25:55時点)

境界線上の現代建築―「トポス」と「身体」の深層へ

お気に入り図書館の蔵書
もっと探す

現在位置から探す
詳しい情報
出版社: 彰国社
単行本: 281 ページ
ISBN-10: 4395005713  ISBN-13: 9784395005710  [この本のウィジェットを作る]

紹介

今、「境界線」の哲学が求められる。多元化し流動化する現代社会に建築はどう立ち向かっていくのか?ポリフォニックな知の構築に向けてさまざまな位相を読み取り現代建築を検証する「身近な世界」の現象学!境界線(インターフェイス)の活性化にこそ世界変革の鍵がある。現代建築の思想と手法の徹底分析。

目次

第1章 批判、そしてトポスと運動する身体(「内」)の意識化
第2章 トポスとその誠実な言語化-ラショナリズムと有機的建築
第3章 全体形式(システム・構造)のラショナルな探求-活性化するトポス
第4章 身体とトポス(都市・風土・地域)の一体化
第5章 身体=トポスの根源に向かう分析-建築の脱構築
第6章 身体=トポスのインタラクションと新たな空間表出に向けて
powered by openBD
ほかのサービスで見る