Amazonへ


中古あり ¥151より

(2020/04/05 10:32:57時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

「日銀貴族」が国を滅ぼす (光文社新書)

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: 「ニチギン キゾク」ガ クニ オ ホロボス
出版社: 光文社
新書: 230 ページ
ISBN-10: 4334035698  ISBN-13: 9784334035693  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 338.41

紹介

10年以上デフレ下にあり、長期停滞が続く日本。その原因は、日本経済に急ブレーキをかけてきた日本の中央銀行である日銀(日本銀行)にある-。日銀総裁を始めとする「日銀貴族」たちの"トンデモ発言"を吟味しながら、日本の未来にとって何が必要なのかを具体的に考える。

目次

序章 「日銀貴族」誕生秘話(「日銀性善説」が生んだ、白川法王と日銀貴族
日銀は本当に必要なのか?)
第1章 日銀貴族のトンデモ言行録(「国民が騒ぐからデフレになった」という呆れた話
日銀がデフレと戦っているという妄想
まだ言うか?「お金を刷っても、お金が増えない」
マスコミが国家破産で盛り上がってしまう笑えない理由)
第2章 日銀貴族のトラウマ(固定相場制の天国と地獄
イジメられっ子のトラウマから生まれた貴族)
第3章 日銀法を再改正せよ(日銀包囲網
日銀問題は政治問題である)
powered by openBD
ほかのサービスで見る