Amazonへ


中古あり ¥1より

(2020/03/30 20:26:57時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学 (光文社新書)

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: サオダケヤ ワ ナゼ ツブレナイノカ
出版社: 光文社
新書: 216 ページ / 200.0 g
ISBN-10: 4334032915  ISBN-13: 9784334032913  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 336.9
TRCMARC No: 05006276

紹介

本書では、日々の生活に転がっている「身近な疑問」から考えはじめることで、会計の重要なエッセンスを学んでいきます。いわゆる「会計の入門書」ではありません。細かい財務諸表はひとつも出てきませんし、専門用語もそれほど多くはないので、気を楽にして、ひとつの読み物として読んでみてください。

目次

1 さおだけ屋はなぜ潰れないのか?-利益の出し方
2 ベッドタウンに高級フランス料理店の謎-連結経営
3 在庫だらけの自然食品店-在庫と資金繰り
4 完売したのに怒られた!-機会損失と決算書
5 トップを逃して満足するギャンブラー-回転率
6 あの人はなぜいつもワリカンの支払い役になるのか?-キャッシュ・フロー
7 数字に弱くても「数字のセンス」があればいい-数字のセンス
powered by openBD
ほかのサービスで見る

レシピ

いろいろな方にオススメ
本が好き(読んできた本たち)
by 7716さん 2115回閲覧 2012/09/29公開

タイトルの理由は結局解明されないままでした。仮説は立てるものの、潰れないさおだけ屋さんの決算書まで見るとこまで、タイトルなんだからつっこんでほしかった。2007/08