Amazonへ


中古あり ¥1,634より

(2020/04/02 12:57:57時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

マンゴーと手榴弾: 生活史の理論 (けいそうブックス)

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: マンゴー ト シュリュウダン : セイカツシ ノ リロン
出版社: 勁草書房
単行本: 341 ページ
ISBN-10: 4326654147  ISBN-13: 9784326654147  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 361.9

紹介

個人の語りに立脚する社会学の理論と実践。私たちはいかにして、人生の物語を「歴史と構造」に架橋することができるだろうか。

目次

はじめに

マンゴーと手榴弾─語りが生まれる瞬間の長さ

鉤括弧を外すこと─ポスト構築主義社会学の方法

海の小麦粉─語りにおける複数の時間

プリンとクワガタ─実在への回路としてのディテール

沖縄の語り方を変える─実在への信念

調整と介入─社会調査の社会的な正しさ

爆音のもとで暮らす─選択と責任について

タバコとココア─「人間に関する理論」のために
powered by openBD
ほかのサービスで見る