STAY AT HOME, KEEP READING! COVID-19 : これまでとこれから詳しく
STAY AT HOME, KEEP READING!
Amazonへ


中古あり ¥1,600より

(2020/05/30 12:44:16時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

ジェンダーの法史学―近代ドイツの家族とセクシュアリティ

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: ジェンダー ノ ホウシガク : キンダイ ドイツ ノ カゾク ト セクシュアリティ
出版社: 勁草書房
単行本: 334 ページ
ISBN-10: 4326601817  ISBN-13: 9784326601813  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 322

紹介

ヨーロッパ近代秩序としての公私二元構成-その生成過程には、ジェンダー・バイアスの生成が伴った。姦淫罪(法と道徳の分離)、嬰児殺(人道主義)、読書協会(市民的公共圏の成立)の3側面から立証。

目次

第1部 「ジェンダー秩序」と法秩序(「ジェンダー研究」の展開と「ジェンダー法学」の成立
「ジェンダー秩序」の2類型)
第2部 近代的ジェンダー・バイアスの生成(ヨーロッパ近代の公私二元構成
「法と道徳の分離」にみるジェンダー・バイアス-姦淫罪とその廃止
「人道主義」のジェンダー・バイアス-嬰児殺論をめぐって ほか)
第3部 法秩序のなかの家族と生殖(法秩序としての「近代家族」
「逸脱者」としての「未婚の母」と「婚外子」
「家族の保護」と「子の保護」の競合-ワイマール〜ナチス期の婚外子法改革論 ほか)
powered by openBD
ほかのサービスで見る