STAY AT HOME, KEEP READING! COVID-19 : これまでとこれから詳しく
STAY AT HOME, KEEP READING!
Amazonへ


中古あり ¥724より

(2020/05/30 12:39:44時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

ヴェーバーと丸山政治学

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
出版社: 勁草書房
ハードカバー: 253 ページ
ISBN-10: 4326350709  ISBN-13: 9784326350704  [この本のウィジェットを作る]

紹介

丸山政治学批判の第2部。本書では、政治的権力論を解体するために、ヴェーバーの「支配の社会学」を俎上にのせる。

目次

第1章 丸山『政治の世界』と「支配の正統性」理論(政治的権力形成の「第1段階」にみる錯誤
丸山による「支配の正統性」論の継承と改作
「支配の正統性」理論の観念論的根本錯誤
「支配の正統性」理論の権力論的・規範論的基礎
「支配の諸類型」の理論的・方法的特質)
第2章 「合法的支配」としての「官僚制」論の解体(「官僚制」論の特質と錯誤
専制的権力としての「官僚制」
専門的機関としての「官僚制」
三権的未分化と「官僚制」
「合法的支配」概念の根拠と錯誤)
第3章 「伝統的支配」概念の解体(「伝統的支配」概念構成の方法
「伝統的支配」概念の方法論的解体
西欧政治思想における「伝統的支配」概念の位相
「伝統的支配」概念の政治理論的解体)
第4章 「カリスマ的支配」概念と政治的・国家的支配(「カリスマ的支配」とはなにか
補説-ヴェーバーの中国専制国家解体論)
第5章 丸山流ヴェーバー解釈の総括(丸山の「支配の諸類型」改作とその点検
「合法的支配」概念拒絶の意味
「支配の正当性」発想の徹底と「合法的支配」)
powered by openBD
ほかのサービスで見る