Amazonへ


中古あり ¥799より

(2020/04/05 23:18:47時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

右派はなぜ家族に介入したがるのか : 憲法24条と9条

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: ウハ ワ ナゼ カゾク ニ カイニュウ シタガル ノカ : ケンポウ ニジュウヨンジョウ ト キュウジョウ
出版社: 大月書店
単行本(ソフトカバー): 160 ページ / 18.8 x 12.8 x 2.5 cm
ISBN-10: 4272350439  ISBN-13: 9784272350438  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 323.143

紹介

24条を敵視し、改憲への策動を続ける右派勢力。その狙いを読み解き、24条と9条を柱とする「非暴力平和主義」を対置する。

目次

序章 なぜいま憲法24条と9条か 中里見博
第1章 右派はなぜ24条改憲を狙うのか?――「家族」論から読み解く 能川元一
第2章 家庭教育支援法の何が問題なのか?――24条を踏みにじる国家介入 打越さく良 
第3章 「家」から憲法24条下の家族へ 立石直子
第4章 日本社会を蝕む貧困・改憲と家族――24条「個人の尊厳」の底力 笹沼弘志
第5章 非暴力平和主義の両輪――24条と9条 清末愛砂
第6章 非暴力積極平和としての憲法の平和主義 中里見博
powered by openBD
ほかのサービスで見る