Amazonへ


中古あり ¥50より

(2020/03/29 22:20:25時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

防諜捜査 (文春文庫)

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: ボウチョウ ソウサ
出版社: 文藝春秋
文庫: 348 ページ
ISBN-10: 4167911698  ISBN-13: 9784167911690  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 913.6

紹介

ロシア人ホステスの轢死事件が発生。事件はロシア人の殺し屋による暗殺だという日本人の証言者が現れた。倉島は暗殺者の行方を追う!
警視庁公安部警部補でエース候補の倉島は、外事一課と掛け持ちの形で作業班への移動を命じられた。 時を同じくして、ロシア人ホステスのマリア・ソロキナが鉄道線路に転落し、轢死する事件が発生。 飛び込み自殺の線で捜査は進むが、中学校教師の九条という男が現れ、事件はオレグというロシア人の殺し屋による暗殺だと証言する。九条は事故の前日に秋葉原の駅でオレグを目撃しており、自身も命を狙われていると語った。 倉島は、九条の証言を元に捜査を進めるが、重要参考人として目をつけたマリアの恋人・瀧本までもが、列車の人身事故で死亡してしまう。 ロシア人の殺し屋・オレグとは何者なのか。 何のため、どうやって連続殺人を実行しているのか。 倉島は、苦心しながらも同僚や関係各所の協力を得て、オレグの影を追いかける。 だがそんな折、オレグは存在せず、証言者の九条が殺人犯だという疑いが浮上する。 殺人者の次なる標的は、思いもかけない人物だった。 日本警察、公安、ロシア政府。 それぞれの国益とプライドをかけた防諜戦争の行方は…? 公安警察官の活躍を描く倉島警部補シリーズ第5弾!
powered by openBD
ほかのサービスで見る