STAY AT HOME, KEEP READING! COVID-19 : これまでとこれから詳しく
STAY AT HOME, KEEP READING!
Amazonへ


中古あり ¥1より

(2020/05/28 12:41:47時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

池波正太郎と七人の作家 蘇える鬼平犯科帳 (文春文庫)

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: ヨミガエル オニヘイ ハンカチョウ : イケナミ ショウタロウ ト シチニン ノ サッカ
出版社: 文藝春秋
文庫: 395 ページ
ISBN-10: 4167911604  ISBN-13: 9784167911607  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 913.68

紹介

「鬼平」誕生五十年を記念し、七人の人気作家が「鬼平」に新たな命を吹き込んだ作品集。本家・池波も「瓶割り小僧」で特別参加。
■池波正太郎が長谷川平蔵を主人にした短篇小説「浅草・御厨河岸」を書いたのは、昭和42(1967)年のこと。オール讀物12月号に掲載されたその短篇は大きな反響を呼び、「鬼平犯科帳」としての連載が始まった。■2017年、「鬼平」誕生から50年。この記念すべき年に、7人の人気作家が長谷川平蔵を登場人物にして、「鬼平」へ新たな命を吹き込んだ競作短篇集。■逢坂剛は「逢坂・平蔵シリーズ」の特別版、上田秀人は武家という官僚社会で生きる平蔵の立場を、諸田玲子は妖盗・葵小僧と鬼平の再対決、風野真知雄は人気シリーズ「耳袋秘帖」鬼平版、そして、土橋章宏は父譲りの料理人と鬼平との味対決、門井慶喜は、流行りものの鰻が嫌いで女が好きな木村忠吾がかかった罠、梶よう子は、平蔵亡き後、火盗改を仰せつかった森山源五郎の回想、と7人7様。これらの短篇に加え、池波正太郎が自らベスト5に選んだ鬼平作品の中から「瓶割り小僧」を特別収録。■各作品に池波正太郎のカット画を使用。
powered by openBD
ほかのサービスで見る