Amazonへ


中古あり ¥2,212より

(2020/04/09 14:46:57時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

雲を紡ぐ

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: クモ オ ツムグ
出版社: 文藝春秋
単行本: 360 ページ
ISBN-10: 4163911316  ISBN-13: 9784163911311  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 913.6

紹介

家出をした高二の美緒は盛岡で毛織物の工房を営む祖父の家に駆けこむ。雲を紡ぎ、光を染め、風を織る中で少女は希望を見つけていく。
「分かり合えない母と娘」壊れかけた家族は、もう一度、一つになれるか?羊毛を手仕事で染め、紡ぎ、織りあげられた「時を越える布・ホームスパン」をめぐる親子三代の「心の糸」の物語。いじめが原因で学校に行けなくなった高校生・美緒の唯一の心のよりどころは、祖父母がくれた赤いホームスパンのショールだった。ところが、このショールをめぐって、母と口論になり、少女は岩手県盛岡市の祖父の元へ家出をしてしまう。美緒は、ホームスパンの職人である祖父とともに働くことで、職人たちの思いの尊さを知る。一方、美緒が不在となった東京では、父と母の間にも離婚話が持ち上がり……。実は、とてもみじかい「家族の時間」が終わろうとしていた――。「時代の流れに古びていくのではなく、熟成し、育っていくホームスパン。その様子が人の生き方や、家族が織りなす関係に重なり、『雲を紡ぐ』を書きました」と著者が語る今作は、読む人の心を優しく綴んでくれる一冊になりました。
powered by openBD
ほかのサービスで見る