Amazonへ


中古あり ¥436より

(2020/04/05 04:34:31時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

サロメ

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: サロメ
出版社: 文藝春秋
単行本: 322 ページ
ISBN-10: 4163905898  ISBN-13: 9784163905891  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 913.6

紹介

十九世紀末のロンドン。美貌とスキャンダルで時代の寵児となった作家オスカー・ワイルドと、天才画家ビアズリーの愛憎を描く。
現代のロンドン。日本からビクトリア・アルバート美術館に派遣されている客員学芸員の甲斐祐也は、ロンドン大学のジェーン・マクノイアから、未発表版「サロメ」についての相談を受ける。このオスカー・ワイルドの戯曲は、そのセンセーショナルな内容もさることながら、ある一人の画家を世に送り出したことでも有名だ。彼の名は、オーブリー・ビアズリー。保険会社の職員だったオーブリー・ビアズリーは、1890年、18歳のときに本格的に絵を描き始め、オスカー・ワイルドに見出されて「サロメ」の挿絵で一躍有名になった後、肺結核のため25歳で早逝した。当初はフランス語で出版された「サロメ」の、英語訳出版の裏には、彼の姉で女優のメイベル、男色家としても知られたワイルドとその恋人のアルフレッド・ダグラスの、四つどもえの愛憎関係があった……。退廃とデカダンスに彩られた、時代の寵児と夭折の天才画家、美術史の驚くべき謎に迫る傑作長篇。
powered by openBD
ほかのサービスで見る