Amazonへ


中古あり ¥2,050より

(2020/04/01 21:31:09時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

現代インド1 多様性社会の挑戦

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: ゲンダイ インド
出版社: 東京大学出版会
単行本: 392 ページ
ISBN-10: 4130343017  ISBN-13: 9784130343015  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 302.25

紹介

貧困にあえぐ「閉じられたカースト社会」から、成長力豊かな「開放的な多様性社会」へと変貌する21世紀のインドを描き出す。
21世紀のインドは,もはや単なる貧困にあえぐ「閉じられたカースト社会」ではなく,グローバル化を通じた世界経済の成長を牽引するとともに,それ自身が成長力をもつ「開放的な多様性社会」でもある.その多面性を眺め渡す基本的・総論的な視座を提供する.

目次

序論 「カースト社会」から「多様性社会」へ――現代インド論のパラダイム転換(田辺明生)

第I編 生存基盤確保の歴史
 第1章 環境の多様性と文化の多様性(佐藤孝宏・杉原 薫)
 第2章 人口と長期的発展径路――自然環境と「開墾・定住」過程(脇村孝平)
 第3章 近現代インドのエネルギー――市場の形成と利用の地域性(神田さやこ)
 第4章 生存とジェンダー――「家族」をめぐる言説と実践から(粟屋利江)
 [補論1]ユーレィジアン問題(水谷 智)

第II編 開放体系としてのインド世界
 第5章 支配と共存の論理――インドにおける国家と社会(太田信宏)
 第6章 環インド洋世界とインド人商人・起業家のネットワーク――植民地期における複合性・多様性(大石高志)
 第7章 植民地期における国内市場の形成(杉原 薫)
 第8章 差別解消の方法とヴィジョン――ガーンディーとアンベードカル(長崎暢子)
 [補論2]英領インドの企業(野村親義)

第III編 多様性社会の潜在力
 第9章 多様性社会と宗教的共存の文化的基盤――ベンガルの聖者廟におけるヒンドゥー教とイスラーム(外川昌彦)
 第10章 独立後インドの経済発展径路――多様性と階層性のガバナンス(藤田幸一)
 第11章 民主政治と社会運動――制度と運動のダイナミズム(中溝和弥・石坂晋哉)
 第12章 グローバル・インドのゆくえ――多中心的なネットワークの展開(田辺明生)
 [補論3]工場の中の神霊(石井美保)
 [補論4]連邦制(藤倉達郎)
powered by openBD
ほかのサービスで見る