Amazonへ


中古あり ¥2より

(2020/04/02 23:06:40時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

日本人はなぜ戦争へと向かったのか: 果てしなき戦線拡大編 (新潮文庫)

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: ニホンジン ワ ナゼ センソウ エト ムカッタ ノカ
出版社: 新潮社
文庫: 206 ページ / 14.8 x 10.5 x 2.0 cm
ISBN-10: 4101283761  ISBN-13: 9784101283760  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 210.75

紹介

戦争方針すら集約できなかった陸海軍、軍と一体化して混乱を招いた経済界。開戦から半年間の知られざる転換点を徹底検証。
1941年12月8日。真珠湾を急襲し、ついに対米戦争に突入した日本。ミッドウェー海戦、ガダルカナル島の戦いを境に戦況が悪化するなか、なぜ戦線は拡大する一方だったのか。戦争方針すら集約できなかった陸海軍の対立、軍と一体化して戦争方針に混乱をもたらした経済界の利権構造・・・・・・開戦から半年間の日本の歩み、知られざる歴史の転換点を徹底検証。副題「戦中編」改題。
powered by openBD
ほかのサービスで見る