Amazonへ


中古あり ¥60より

(2020/03/29 21:32:56時点)

試し読み
近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

空に牡丹 (小学館文庫)

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: ソラ ニ ボタン
出版社: 小学館
文庫: 315 ページ / 10.5 x 1.6 x 15.0 cm
ISBN-10: 4094066497  ISBN-13: 9784094066494  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 913.6

紹介

富国強兵へと向かう激動の明治時代。大地主の次男坊だった私のご先祖様・静助は、両国で見た打ち上げ花火に魅了され、花火作りに夢中になり……。一族誰もが語り継ぐご先祖様に思いを馳せるファミリーヒストリー。
ご先祖に思いを馳せるファミリーヒストリー

私のご先祖様には花火に魅せられ、一財をつぎ込んで生きた静助さんという人がいる。
―――時は明治初期。江戸から東京になったが、地方ではいまだ江戸と呼ばれていた時代。その江戸から遠くない村で大地主の次男坊として生まれた静助は、ご一新で世間が大きく変わるなか、何不自由なく暮らしていた。
ある日、静助は母親と出かけた両国の隅田川で打ち上げ花火を見物し、ひと目で心奪われる。江戸の花火屋たちは、より鮮やかな花火を上げるため競い合っているという。
村に戻ってからも花火への情熱が消えない静助は、潤沢な資金を元に職人を雇い、花火作りに夢中になるが、富国強兵へ向かう時代の波が、次第と静助一族を呑み込んでいく……。


【編集担当からのおすすめ情報】
18世紀のヴェネツィアを舞台にした『ピエタ』(ポプラ社)で2012年本屋大賞3位に選ばれ、女性たちの心の交流を描いた作品でファンも多い大島真寿美さん。大島さんが初めて男性を主人公に、激動の時代を生きた市井の人々の姿をあたたかく描いた時代小説です。
装画は、山下清さんの名作を用いました。
powered by openBD
ほかのサービスで見る