Amazonへ


中古あり ¥963より

(2020/04/08 12:41:46時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

坂下あたると、しじょうの宇宙

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: サカシタ アタル ト シジョウ ノ ウチュウ
出版社: 集英社
単行本: 240 ページ / 13.4 x 2.0 x 19.4 cm
ISBN-10: 4087716937  ISBN-13: 9784087716931  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 913.6

紹介

詩を書く高校生の毅は、小説の才能があるあたるに嫉妬していた。ある日、あたるの文体や構想を模倣した小説を書くAIが現れ・・。
自分には才能がない。
高校生の毅(つよし)は詩を書いているが、全くといっていいほど評価されていない。

一方、親友のあたるには才能があった。
彼は紙上に至情の詩情を書き込める天才だった。
多くのファンがいて、新人賞の最終候補にも残っている。

しかもあたるは毅が片想いしている可愛い女子と付き合っていて、毅は劣等感でいっぱいだった。

そんな中、小説投稿サイトにあたるの偽アカウントが作られる。
「犯人」を突き止めると、それはなんとあたるの作風を模倣したAIだった。

あたるの分身のようなAIが書く小説は、やがてオリジナルの面白さを超えるようになり――。

誰かのために書くということ。誰かに思いを届けるということ。
芥川賞受賞作家が、文学にかける高校生の姿を描いた青春エンタメ小説。


【プロフィール】
町屋良平(まちや・りょうへい)
1983年東京都生まれ。
2016年『青が破れる』で第53回文藝賞を受賞してデビュー。
2019年『1R1分34秒』で第160回芥川賞を受賞。
その他の著書に『しき』『ぼくはきっとやさしい』『愛が嫌い』『ショパンゾンビ・コンテスタント』がある。
powered by openBD
ほかのサービスで見る