Amazonへ


中古あり ¥1,640より

(2020/03/31 20:11:10時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

柄谷行人浅田彰全対話 (講談社文芸文庫)

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: カラタニ コウジン アサダ アキラ ゼンタイワ
出版社: 講談社
文庫: 256 ページ
ISBN-10: 4065175275  ISBN-13: 9784065175279  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 914.6

紹介

日本を代表する知識人二人が自在に語らった諸問題ーー解決にはほど遠くさらなる混迷に突き進む世界の現在を予見した、奇跡の対話集。
1985年になされた最初の対談「オリエンタリズムとアジア」で、柄谷行人は「政治と離れた言説などはありえないということを、もう一度強調すべき時期にきて」いると言う。本書では、思想や芸術など多様な話題を次々繰り出しつつ、かならず世界そして日本はいかにあるべきかという問いかけに戻っていく。二人の知識人は縦横無尽に語り合うことを通して、読む者に思考と発言を続けることの重要性を訴えているのである。日本を代表する知識人二人が、自在に語りあった諸問題ーー解決にはほど遠くさらなる混迷に突き進む世界の現在を予見した、奇跡の対話集。

目次
オリエンタリズムとアジア
昭和の終焉に
冷戦の終焉に
「ホンネ」の共同体を超えて
歴史の終焉の終焉
再びマルクスの可能性の中心を問う
 あとがき 浅田彰と私(柄谷行人)

目次

オリエンタリズムとアジア
昭和の終焉に
冷戦の終焉に
「ホンネ」の共同体を超えて
歴史の終焉の終焉
再びマルクスの可能性の中心を問う
 あとがき 浅田彰と私(柄谷行人)
powered by openBD
ほかのサービスで見る