STAY AT HOME, KEEP READING! COVID-19 : これまでとこれから詳しく
STAY AT HOME, KEEP READING!
Amazonへ


中古あり ¥211より

(2020/06/06 07:58:53時点)

イギリス 繁栄のあとさき (講談社学術文庫)

お気に入り図書館の蔵書
もっと探す

現在位置から探す
詳しい情報
出版社: 講談社
文庫: 224 ページ
ISBN-10: 406292224X  ISBN-13: 9784062922241  [この本のウィジェットを作る]

紹介

繁栄の担い手としてのジェントルマンとは。世界システムの中、生活革命はなぜ起きたか。歴史における「繁栄」と「衰退」を考える。
今日、イギリスから学ぶべきは、勃興の理由ではなく、成熟期以後の経済のあり方と、衰退の中身である――。産業革命を支えたカリブ海の砂糖プランテーション。資本主義を担ったジェントルマンの非合理性。英語、生活様式という文化遺産……。世界システム論を日本に紹介した碩学が、大英帝国の内側を解き、歴史における「衰退」を考えるエッセイ。(講談社学術文庫)


今日、イギリスから学ぶべきは、勃興の理由ではなく、成熟期以後の経済のあり方と、衰退の中身である――。
産業革命を支えたカリブ海の砂糖プランテーション。資本主義を担ったジェントルマンの非合理性。英語、生活様式という文化遺産……。
世界システム論を日本に紹介した碩学が、大英帝国の内側を解き、歴史における「衰退」を考えるエッセイ。

目次

はじめに 不況か「衰退」か
第1章 近代世界システムのなかのイギリス
第2章 「ジェントルマン資本主義」の内側
第3章 文化の輸出と輸入
第4章 ヘゲモニーの衰退はどのようにして起こるか
powered by openBD
ほかのサービスで見る