STAY AT HOME, KEEP READING! COVID-19 : これまでとこれから詳しく
STAY AT HOME, KEEP READING!
Amazonへ


中古あり ¥2,200より

(2020/06/07 02:03:40時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

吉田茂=マッカーサー往復書簡集 [1945-1951] (講談社学術文庫)

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: ヨシダ シゲル マッカーサー オウフク ショカンシュウ : 1945 1951
出版社: 講談社
文庫: 568 ページ
ISBN-10: 4062921197  ISBN-13: 9784062921190  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 319.1053

紹介

「臣茂、民主改革阻むため――」。何を護持したかったのか? 吉田が秘した無数の手紙は、占領軍との息詰まる折衝を明らかにする。
ジョン・ダワー、激賞!
戦後反動の系譜を明らかにする、第一級資料集!

「この比類ない書簡集は日米の相互関係に関するわれわれの理解をかぎりなく増してくれるでしょう」
――ジョン・W・ダワー(MIT名誉教授)

 *

「戦争で負けても外交で勝つ」ことをモットーにした吉田茂は、
マッカーサーとの外交に最大のエネルギーを注いだ。
それが占領下日本における政治のすべてだからであった。
存在さえも隠されていた幾多の書簡は、
占領軍との間で繰り広げられた手に汗にぎる折衝の全容を明らかにする。

何を「護持」したかったのか? いったい何が「保守」できたのか? 
孤軍奮闘、臣茂。民主改革、阻むため。


※本書の原本は2000年に法政大学出版局より刊行されました。原本には書簡の英語正文が収録されています。

目次

序文   (ジョー・B・ムーア)
■第一部 [解説]占領下の書簡外交
     はじめに
   1 前史および弊原首相の役割
   2 史料の存在形態
   3 第一次吉田内閣期
   4 片山内閣期
   5 芦田内閣期
   6 第二次吉田内閣期
   7 第三次吉田内閣期
     おわりに
■第二部 書簡篇[日本語訳]
     凡例
     書簡一覧
   1 前史(吉田外相時代)
   2 第一次吉田内閣期
   3 片山内閣期
   4 芦田内閣期
   5 第二次吉田内閣期
   6 第三次吉田内閣期
文庫版あとがき
powered by openBD
ほかのサービスで見る