Amazonへ


中古あり ¥644より

(2020/04/07 00:59:01時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

三木清教養論集 (講談社文芸文庫)

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: ミキ キヨシ キョウヨウ ロンシュウ
出版社: 講談社
文庫: 272 ページ
ISBN-10: 4062903369  ISBN-13: 9784062903363  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 121.67

紹介

読書、古典、伝統、政治、ヒューマニズム、時代―あらゆる面から「教養」について縦横に考察した孤高の哲学者の論考集。編者・大澤聡
「教養といわれるのは単に専門的乃至職業的知識のことでなく、人間が真に人間らしくなるために必要な知識のことである。」ファシズムが台頭する昭和初期の日本社会で、のびやかに思考し時代と共に息づく教養の重要性を説いた孤高の哲学者、三木清。読書論・教養論・知性論の三部構成で、その思想の真髄に迫る。


「教養といわれるのは単に専門的乃至職業的知識のことでなく、人間が真に人間らしくなるために必要な知識のことである。」
ファシズムが台頭する昭和初期の日本社会で、のびやかに思考し時代と共に息づく教養の重要性を説いた孤高の哲学者、三木清。
読書論・教養論・知性論の三部構成で、その思想の真髄に迫る。

目次

I 読書論
II 教養論
III 知性論
初出一覧
解説  大澤 聡
年譜  柿谷浩一
powered by openBD
ほかのサービスで見る