Amazonへ


中古あり ¥168より

(2020/04/07 00:47:08時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

大阪文学名作選 (講談社文芸文庫)

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: オオサカ ブンガク メイサクセン
出版社: 講談社
文庫: 352 ページ / 181.0 g
ISBN-10: 4062901404  ISBN-13: 9784062901406  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 913.68

紹介

笑いの底に強靱な批評精神を秘め 愛しき人の世をリアルに描く名品十一

西鶴、近松から脈々と連なる大阪文学は、ユーモアの陰に鋭い批評性を秘め、色と欲に翻弄される愛しき人の世をリアルに描く。川端康成「十六歳の日記」、折口信夫「身毒丸」、宇野浩二「子の来歴」、武田麟太郎「井原西鶴」、織田作之助「木の都」、庄野潤三「相客」、河野多惠子「みち潮」、野坂昭如「浣腸とマリア」、小野十三郎「大阪」(抄)、山崎豊子「船場狂い」、阪田寛夫「わが町」(抄)の名品十一。

富岡多惠子
現在までのところ、近松資料館、西鶴文学館のごときものが大阪市内にあるとは聞かない。まして近代文学に関しては推して知るべしというところで(中略)この手の大阪の「つれなさ」は冷淡とはちがって、どこか含羞とつながっていないだろうか。文芸、文学というのは「もっともらしい」ことを嫌うはずだ、それを「もっともらしい」エライものにしてしまっては――という気持があるのかもしれぬ。――<「解説」より>
powered by openBD
ほかのサービスで見る