STAY AT HOME, KEEP READING! COVID-19 : これまでとこれから詳しく
STAY AT HOME, KEEP READING!
Amazonへ


中古あり ¥1より

(2020/05/30 02:27:27時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

日本は世界一の「水資源・水技術」大国 (講談社+α新書)

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: ニホン ワ セカイイチ ノ ミズ シゲン ミズ ギジュツ タイコク
出版社: 講談社
新書: 192 ページ
ISBN-10: 4062727412  ISBN-13: 9784062727419  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 517

紹介

世界中で頻発する「水戦争」、2025年に人類の半数が水不足に。日本の「水技術」と、活かし切れていない「水資源」が世界を救う!
2025年には地球上の半数の人間、すなわち35億人が水不足に陥る。しかし、日本の「水技術」と、その資源量の2割しか使っていない「水資源」が世界を救うことに。世界中で頻発する「水戦争」、海外勢がリードしている水ビジネスの最前線、そして世界を救う日本の「水技術」などを徹底解説!


 大人気「世界何位」シリーズの第4弾!!
 2025年には地球上の半数の人間は水不足に陥る。しかし、日本の「水技術」と、まだ活かし切れていない「水資源」が世界を救う! 
 世界中で頻発する「水戦争」、海外勢がリードしている水ビジネスの最前線、そして世界を救う日本の「水技術」などを徹底解説。

目次

「水資源大国」日本の実力
世界を救う「水技術大国」日本
水を余らせている日本の現状
世界人口の半分が水不足に
急激に低下した北京の地下水位
水処理ビジネスも中国で急増
アメリカの過剰な揚水の危険性
世界を牛耳る「水男爵」とは誰か
農地のフル活用でコメの輸出国へ
水供給基地としての宿毛港の未来
powered by openBD
ほかのサービスで見る