STAY AT HOME, KEEP READING! COVID-19 : 多くの図書館が閉館しています詳しく
STAY AT HOME, KEEP READING!
Amazonへ


中古あり ¥46より

(2020/05/27 03:48:48時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

日台IoT同盟 第四次産業革命は東アジアで爆発する

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: ニッタイ IoT ドウメイ : ダイヨジ サンギョウ カクメイ ワ ヒガシアジア デ バクハツ スル
出版社: 講談社
単行本(ソフトカバー): 258 ページ
ISBN-10: 4062201828  ISBN-13: 9784062201827  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 332.107

紹介

世界で最も親和性の高い二国……日本の先端技術と台湾のセンサー技術が合体すれば、第四次産業革命は必ず成就する!
いま台湾は、新しい総統の蔡英文とともに台湾は、未来に向かって動き始めた――「日台IoT同盟」というイノベーションを実現するために。日本の先端技術と台湾のセンサー技術が合体すれば、第四次産業革命は必ず成就する。18世紀の産業革命まで、つねに文明の風が東洋から西洋へと吹いていたように、日本と台湾という世界で最も親和性の高い民族が手と手を携え、新しい産業革命がアジアから発進する!


 いま台湾は、日本の社会を劇的に変えた明治維新前夜、つまり幕末と似た状況にある。新しい総統の蔡英文とともに台湾は、未来に向かって動き始めた――「日台IoT同盟」というイノベーションを実現するために。
 日本の先端技術と台湾のセンサー技術が合体すれば、第四次産業革命は必ず成就する。18世紀の産業革命まで、つねに文明の風が東洋から西洋へと吹いていたように、日本と台湾という世界で最も親和性の高い民族が手と手を携え、新しい産業革命がアジアから発進する!

目次

序 章 世界で最も親和性の高い二国
第1章 日本と台湾のアベノミクス
第2章 「IoT」で四%成長を
第3章 第四次産業革命とは何か
第4章 日台の対中戦略
第5章 日台のリーダーの条件
第6章 新世代の台湾と日本
powered by openBD
ほかのサービスで見る