STAY AT HOME, KEEP READING! COVID-19 : これまでとこれから詳しく
STAY AT HOME, KEEP READING!
Amazonへ


中古あり ¥840より

(2020/06/04 21:48:45時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

アジアの海の大英帝国―19世紀海洋支配の構図 (講談社学術文庫)

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: アジア ノ ウミ ノ ダイエイ テイコク : 19セイキ カイヨウ シハイ ノ コウズ
出版社: 講談社
文庫: 311 ページ / 181.0 g
ISBN-10: 4061596411  ISBN-13: 9784061596412  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 397.233

紹介

一九世紀中葉、幾多の植民地をもち、世界市場の制覇を狙うイギリスにとって、海外権益の維持・拡充を保証する海洋支配体制の確立は急務であった。その柱となったのは、近代化され、整備された海軍力と造船業、事あるときに「陰の海軍」の役割をも担う海運業である。東アジアの海をも制し得た、大英帝国によるたくみな海洋支配の構造を明らかにする。

目次

1 帆船と蒸気船(海洋帝国イギリスの基礎
イースト・インディアマンの退場 ほか)
2 アヘン戦争と東インド会社(イギリス海軍史におけるアヘン戦争
広東貿易とアヘン密貿易 ほか)
3 アロー戦争前後の英米海軍(ペリーとエルギン
条約体制下の諸問題 ほか)
4 海洋支配の構造(インド・中国ルートの植民地基地
イギリス海軍の再編 ほか)
5 ヴィクトリア時代の軍縮論と軍拡論(平和的自由貿易論者R.コブデン
自由主義的海軍政策 ほか)
powered by openBD
ほかのサービスで見る