STAY AT HOME, KEEP READING! COVID-19 : これまでとこれから詳しく
STAY AT HOME, KEEP READING!
Amazonへ


中古あり ¥400より

(2020/06/04 06:46:47時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

フランス現代史 (岩波新書)

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: フランス ゲンダイシ
出版社: 岩波書店
新書: 240 ページ
ISBN-10: 4004317517  ISBN-13: 9784004317517  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 235.07

紹介

一九四四年の解放からマクロン政権まで,戦後フランスの政治・社会・経済を総体的にとらえる通史.
1944年の解放から、「栄光の30年」、五月危機、石油危機、「ミッテランの実験」の挫折、新自由主義、そしてマクロン政権成立──フランスの戦後を通観すると、そこには「分裂と統合の弁証法」というダイナミックなメカニズムがみえてくる。欧州統合の動きにも着目しながら現代フランスの歩みをとらえる通史。

目次

序 章 分裂と統合の弁証法
 1 「モデル」から「先行者」へ
 2 分裂と統合の弁証法
 3 相対的後進国

第一章 解放と復興―― 一九四〇年代
 1 解放,対立,和解
 2 経済復興
 3 第四共和政の成立

第二章 統合欧州の盟主をめざして―― 一九五〇年代
 1 脱植民地化と欧州統合
 2 復興から成長へ
 3 第五共和政の成立

第三章 近代化の光と影―― 一九六〇年代
 1 「栄光の三〇年」
 2 近代化のなかで
 3 五月危機

第四章 戦後史の転換点―― 一九七〇年代
 1 過渡期としてのポンピドー政権
 2 「栄光の三〇年」の終焉
 3 分裂する社会

第五章 左翼政権の実験と挫折―― 一九八〇年代
 1 ミッテランの実験
 2 新しい社会問題
 3 異議申立ての諸相

第六章 停滞,動揺,模索―― 一九九〇年代
 1 争点化する欧州統合
 2 動揺する社会
 3 模索する政治

第七章 過去との断絶?―― 二〇〇〇年代
 1 「古いフランス」と「新しいフランス」
 2 グローバル化
 3 ポピュリズム

終 章 その先へ

あとがき

年 表
索 引
powered by openBD
ほかのサービスで見る