Amazonへ


中古あり ¥90より

(2020/04/09 13:56:45時点)

ことばと国家 (岩波新書)

お気に入り図書館の蔵書
もっと探す

現在位置から探す
詳しい情報
読み: コトバ ト コッカ
出版社: 岩波書店
新書: 218 ページ
ISBN-10: 4004201756  ISBN-13: 9784004201755  [この本のウィジェットを作る]

紹介

だれしも母を選ぶことができないように、生まれてくる子どもにはことばを選ぶ権利はない。その母語が、あるものは野卑な方言とされ、あるいは権威ある国家語とされるのはなぜか。国家語成立の過程で作り出されることばの差別の諸相を明らかにし、ユダヤ人や植民地住民など、無国籍の雑種言語を母語とする人びとのたたかいを描き出す。

目次

1 「一つのことば」とは何か
2 母語の発見
3 俗語が文法を所有する
4 フランス革命と言語
5 母語から国家語へ
6 国語愛と外来語
7 純粋言語と雑種言語
8 国家をこえるイディシュ語
9 ピジン語・クレオール語の挑戦
powered by openBD
ほかのサービスで見る