Amazonへ


中古あり ¥1,089より

(2020/04/09 07:05:16時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

韓国併合 110年後の真実: 条約による併合という欺瞞 (岩波ブックレット NO. 1014)

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: カンコク ヘイゴウ 110ネンゴ ノ シンジツ : ジョウヤク ニヨル ヘイゴウ トイウ ギマン
出版社: 岩波書店
単行本: 63 ページ
ISBN-10: 4002710149  ISBN-13: 9784002710143  [この本のウィジェットを作る]

紹介

併合に到る過程を詳細に検証し,併合が合法・正当であったという日本政府の主張の誤謬を明らかにする.
「慰安婦」や徴用工の問題をめぐり危機的な状況が続く日韓関係。その出発点である1910年の韓国併合の合法性、有効性については、いまだに両政府の認識に大きな隔たりがあり、対話を阻害する大きな要因になっている。今まで知られていなかった併合実行の過程を詳細に検証し、日本政府の主張が誤謬であることを明らかにする。

目次

はじめに

Ⅰ 日露戦争後の日本の韓国支配
Ⅱ 日本政府の併合断行方針決定さる
Ⅲ 寺内正毅の登場
Ⅳ 併合の実施過程
Ⅴ 併合の宣布

おわりに

powered by openBD
ほかのサービスで見る