STAY AT HOME, KEEP READING! COVID-19 : これまでとこれから詳しく
STAY AT HOME, KEEP READING!
Amazonへ


中古あり ¥800より

(2020/05/30 15:42:25時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

女性学/男性学 (ヒューマニティーズ)

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: ジョセイガク ダンセイガク
出版社: 岩波書店
単行本: 171 ページ
ISBN-10: 400028326X  ISBN-13: 9784000283267  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 367.1

紹介

「女性/男性」というジェンダーの視点からみることによって、この世界はどう変わってゆくのだろう。「性別」という「当たり前(自明)」だと思われているものは、どのように作られてきたのか。学問と性別を理論的、実践的に問い直し、性と、その欲望をめぐる政治とは何なのかを解き明かす。

目次

1 性別とは-女性学/男性学を学ぶ意味とは何か(性別の不確定性
性の歴史学
性の生物学)
2 近代社会の成立と完成-女性学/男性学はどのように生まれたか(近代社会の成立
人権と女の権利
母性保護論争
ウーマン・リブ
女性学の誕生)
3 女性学と「女の論理」-女性学/男性学は社会の役に立つのか(女性学をめぐって
性役割
エコロジカル・フェミニズム
マルクス主義フェミニズム
ポスト構造主義的ジェンダー論)
4 性の多様性-女性学/男性学の未来はどうなるのか(フェミニズムはナショナリズムを超えられるか?
ポスト植民地主義とジェンダー
男の解放
セクシュアリティ)
5 何を読むべきか
powered by openBD
ほかのサービスで見る