STAY AT HOME, KEEP READING! COVID-19 : これまでとこれから詳しく
STAY AT HOME, KEEP READING!
Amazonへ


中古あり ¥1,600より

(2020/05/28 23:22:19時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

<民族起源>の精神史―ブルターニュとフランス近代 (世界歴史選書)

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: ミンゾク キゲン ノ セイシンシ : ブルターニュ ト フランス キンダイ
出版社: 岩波書店
単行本: 220 ページ
ISBN-10: 4000268473  ISBN-13: 9784000268479  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 235

紹介

フランス北西部、大西洋と英仏海峡に臨むブルターニュは、巨石文化やアーサー王伝説が残る風光の地として、フランスの中でも独自の光彩を放っている。この地方の人びとが誇る地域言語ブレイス語や、郷土色豊かな民俗文化は、いにしえの「ケルト民族」に由来するとされる。ブルターニュは、スコットランド、アイルランド、ウェールズなどと並んで、ケルト文化の息づく地だというのである。このような起源認識は、いかにして形成されたのだろうか。ヨーロッパ各地の民族起源論・言語系統論、フランスの民族起源としての「ガリア」意識、民謡収集の流行と民俗学の誕生、などの多様な視点を織りまぜながら、民族意識と地域文化成立の意味をとらえなおす。

目次

第1部 ブルターニュの誕生と民族起源説の生成(移住の記憶と諸伝説の生成
ブリタニアからブルターニュへ)
第2部 創出される「ケルト人」(正統化される起源伝説
ガリア・ケルト論の登場
ケルトマニアの誕生)
第3部 民俗から民族へ(民族主義の源泉としての民俗研究
民俗学とケルト学の成立
地域主義とケルト・ブーム)
powered by openBD
ほかのサービスで見る