gspacetown

gspacetown

以前は、社会科学系や哲学系などを好んで読んでいました。これからは、持っと幅を広げていきたいと思います。図書館が大好きです。とても落ち着きます。本を読んでいると何故か心が落ち着きます。本を読むという行為自体がとても気持がいいのです。

さんの書評2016/10/19

「相手の言うことを否定しない」「褒める」

16:住宅ローンは完済したし、子育ても終わった。毎日食べるだけのお金があればいいわけですから。再就職して安月給で働けば、ボケ防止にもなる。老後に必要なお金は限られているから、パートや再就職して生活費を稼げばいい。過ぎてしまったこと、取り返しの付かないことをいつまでもくよくよしない。
18:老後資金数千万円に惑わされない。「無い袖は振れぬ」「足るを知る」それでやっていくしかない、と腹を決める。それなりのやりくり、暮らし方を身につけていく。老子「足るを知る者は富む」
20:癌の克服者は、ポジティブシンキングに転換している。「髪が無くなって悲しい」ということにとらわれず「いろいろな帽子がある」という小さな発見を喜びにしておしゃれを楽しむ。「青い鳥」の戯曲では、更に先があり、大喜びしていると青い鳥はあっという間に飛び立ってしまった。身近な小さな幸せがいかに大切なものか。温かい食事、毎日お風呂。「他者を幸福にすることが、一番確かな幸福である」アミエル。仏教「無財の七施」①眼施:優しい眼差②和顔施:嫌なときこそ笑顔③言辞施:優しい言葉。激昂禁物④身施:身体を使って。⑤心施:共感寄添察し。喜びは2倍、悲しみは半減。⑥床座施:場所提供⑦房舎施:家提供。三なし(無理、無駄、無精)トマス・フラー「結婚前には目を開き、結婚後は目をつむっていること」49:ポイントは2つ①「相手の言うことを否定しない」「褒める」反論したくなってもぐっと押さえて「そうだね」56:いくら倹約しても若さはお金では買えません。
68「一病息災」ちょっとした病気があるくらいのほうが身体に注意するようになるため、無病より長生きする。69人は一人で生まれ、死んでいくもの、一人死に悲壮感を持ちすぎない。85:アドラー「楽観的というのは、「未来の出来事は必ず解決できると信じて『行動する』こと」不安なことを考えすぎて押しつぶされるのではなく、それを行動のきっかけにして好転させるのです。90:癌になってからの生存率が最も低いのは絶望してしまう人。病は気から、一喜一憂しすぎない。92:不治の病、これがこの患者の天寿だったのだろう。「たとえ治療しても、痛いとか苦しいとか嫌ですからね。死ぬ寸前まで笑顔でいたい。独身だからこんな判断が出来た。家族がいたら少しでも長くと抗がん剤を選んでいたと思います。でも、後悔はないです。自分の思い通りに人生を幕引きできるなんて幸せです」独身55で癌緩和ケア58他界。海外旅行時の医療保険、自動車、火災、地震は必要。一笑一若一怒一老。悩みに押しつぶされそうになっている人に「笑ってごらんなさい」。腹立たしい時こそ笑顔。発想の転換。後続車のアオリ→笑顔で譲る(相手はデートで急いでいるかも、事故に気おつけてデートを楽しんでいってらっしゃい)。自分の楽しい思い出を掘り出してみる。女性は愚痴というストレスを聴いても左右の脳に振り分けることができる(男は片方のみ)。女性は物事を感覚的漠然と捉える傾向があるため「なんとかなる気がする」と漠然とポジティブな反応をする。同病相哀れむ。
「断捨離」。一点豪華主義で節約ストレス発散。
自分の人生は自分のものだということを忘れない。自分と他人を比べなければ幸せでいられる。物事は表面的な部分だけで判断しない。愛する人と一緒に暮らしている(一人になりたい、気兼ねなく??したい。私から見れば自由な貴方はうらやましい)⇔独身。比べ過ぎない。他人の人生と自分の人生は別。自分の長所を書き出してみよう(字がうまいとよく褒められる。おしゃれだと思う。ラインで若い人たちとつながっている。一人旅が好きだ。腕立て100回楽勝)書くことが大切。そして繰り返し読み返す。自分の長所自慢を脳に刷り込み暗示をかける(スランプ脱出法の1つ、客観的に見ることで性格上の見直し店などもみえてくる)。お金では買えないもの思い出を残す。一休さんが死の間際弟子に与えた書簡「困った時にはこれを開けなさい」→いざ開けてみると「心配するな大丈夫何とかなる」と書いてあった。この力強い楽観主義、安心言葉、一言こそが素敵な遺産だった。困難を前にすると人は視野が狭くなるが、この言葉で道がひらけたのでは。「人生そこで終わりではないのだ」という教え。シニアの結婚のカタチはいろいろ。別居でたまに会う。一緒に過ごすのは週末だけ。特別な縛りもない。それでも私は結婚している。夫がいるという安心感が心の支えになる。同居には事前にルールを作っておく(テーブルのどの席、誰がどのタオル。改善もする)ルール作り時には徹底して話し合い「いやここは譲れない」「これだけは守って欲しい」「このくらは大目に見てほしい」率直な意見交換の機会は大切。同時に相手を思いやることはそれ以上に大切(おやよう、おやすみ、ありがとう。散歩に出かける時は、できれば行き先を言って、「何かついでに買ってくるものはない?」と一言)。いい意味で、見て見ぬふりをすることも大切(掃除や洗濯の方法は気に食わなくても目をつぶる)。
p194


この書評がいいと思ったら、押そう! » いいね!

さんの書評2016/10/19

損をするのが、豊かになる一番の近道です。損なんて実は無いんです。

・自力→他力へ。人を信用していない人のところに人は助けに来ません。頑張るのを止めたら他力がどんどん入ってくる。私「が」やらなければの「が」は「我」。我を捨てる。
・第一段階:「たくさんのいいこと」を起こす方法(=やり方)ではなく、「たくさんのいいことがあった」と気づく(=あり方)、いいことはいつもやてきています。「まだ、足りない」ではだめ。
・第2段階:自分を認める。貴方は価値ある人。第3段階:欲しいもの「だけ」を受け取ろうとしない。ほしくないものも受け取る覚悟。第4段階:豊かさを受け取ったら出す。
・「お金基準」ではなく、好きか嫌いかで選ぶ。自分が本当に欲しかったものに気づくきっかけになる。値段は見ないで買う。「好き物を選べる自由」を行使すれば、お金に対する執着や恐怖心はなくなる。
・楽しむためにがんばってお金を貯めない。元々持っている才能はどうなるのか?
・罪悪感を解消して親の支配下から自由になる2つの方法①「母親は幸せだった」と言ってみる。罪悪感は「親に嫌われたくない」「期待に応えたい」という思いからやってくる。②親に「クソババア」と3回言ってみる。(反抗期のやり直し)世間や人の目が気になって、やりたいことができなかったり、自分を認められないと感じるのは「親の目」を気にしている証拠。そんなものは必要ない。「いい子」でいる必要はない。もう大人。自分で決める。
・自分を「すこい」ということを恥ずかしがらない。恥ずかしいと思っているうちは、まだ「すねて」「いじけて」いるということ。自分でまず自分のことを分かってあげて、凄いんだと思うこと。
・「助けて」と言えない人は、助けてもらったらお返しをしないといけないと思っている。それは助けてもらう価値が自分にはないと思っているから、山ほど返さないといけないと思っているから。でも凄いと認めれば、助けてもらえるくらい価値があるんだから、助けてもらいっぱなしでも『ありがとう』というだけで助けた人たちに喜ばせることが出来る。と思えます。
・損をするのが、豊かになる一番の近道です。損なんて実は無いんです。損をすれば豊かさが返ってくる。お金も空気も愛情も出せば回る。

この書評がいいと思ったら、押そう! » いいね!

さんの書評2016/09/23

買うという行為とは何か

88:お客様が犠牲にするであろうことを発見し、それを減らすことを忘れない。ランチは、時間という犠牲を減らすことで価値を提供する。カロリーを犠牲にするお客が多いなら「ヘルシー野菜弁当」『価値=利益/犠牲』利益(分母)を大きくして、犠牲(分母)を小さくする。
102:馴染みのお客に対して、アップセル(いつもの商品より上位の商品のものへ移行してもらうこ)「コーヒー→カプチーノ」。クロスセル(いつも買う商品にお客が欲しそうな物を組み合わせて購入していただく「コーヒーと一緒にサンドイッチはいかがですか」
105:お店の2~3階がVIPルームでそこで、夕方くらいからWINを飲みながら上顧客とお話する。新しい飲食店や老舗の新メニュー、限定ワインの堪能。」すると買える頃には「あなたのお時間をこんなに使わせてしまって悪かったわ」と靴や服を買う。売り込むひつよう
118:強みを絞って表現すると他のお客様が来なくなりそうで不安。しかしその前段階でお客様の記憶に残らなければ意味がない、「想起されなけ意味がない」
名刺に、「女性を集客したい飲食店専門の税理士」と絞る。「とにかくメロンパンが美味しい」
「何を」「誰に」を絞るそしてどうやってを考える自社だけの価値を1つに絞って伝える。
132:人が物を書く時の6つのプロセスとその対応、134目を引くチラシ

この書評がいいと思ったら、押そう! » いいね!

さんのコメント2017/05/09

伏線、小さなどんでん返し、、、、そして大きな大きなどんでん返し、、、面白かった。まひろ、やひろ達との共同生活の場面がとても良かった、とても楽しそう。特に、まひろとのやり取り氷解の過程が良いです。マジックと詐欺の違いに納得。この本自体は、どんでん返しで有名なので読みました。だからある意味マジックとして楽しんだことになるのかな?

さんのコメント2017/05/09

短編で読みやすかった。今春の18切符桜の巡りに最適なお供となった。江戸人情と推理、妖かし、、。特に、松之介側から関係を描いた「空のビロード」が良かった。「虹を見し事」も展開が面白かったし、どんでん返しもあったが、、、『おまき』ちゃんがあまりに可愛そう、正直ショック!

さんのコメント2017/03/17

読みだしたら止まらないSF青春ストーリー。しかし、役者すぎる、基の方で完全に感情移入しハマっていた。からのこの結末。すごく面白かった。最後の数ページの驚きと余韻。「ぼくメジャ」読んでいたからこそですね。「私も秀人も人や物事の良いところばっかり見ようとする。キレイな所でいい空気を吸ってるふりをずっとしていたい」「私も秀人もそんな風だけど、だけど、そういう自分のこと結構気に入ってる。この生き方や考え方を後悔していない」素敵なこの二人の物語でもありますね。

さんのコメント2017/02/13

何か青春とSFいいなー。あすなといつかの関係が何かワクワク。あすなのおじいちゃんグッジョブだし結構好き。名前探しタスクフォースの成立、運用展開が楽しい。メンバーがお互いの距離感を縮めながら成長していく過程は、社会人と学生ではやっぱり違うし、いろんな意味で人生でもかけがえのない時間って感じが漂って楽しい。基の変化も王道だけどそれが良い。後半が楽しみです。『いいよ。坂崎さん、やろうよ』からの10行がいいなー。

さんのコメント2017/01/14

復讐という問題を中心に小4生がどう答えを出すか。実に深い、それだけでも興味深く読めた。まずは、巻き込まれたくないけれど、平和と言われるこの国ですら日々ニュースが絶えない、世界では?。なんて、ミスドで打ってる私は幸せかも。30「本当?」『え?』「ふみと仲がいいことが自慢だって」『そうだよ』「ありがとう」。ちゃんとした距離感を保てるお母さんも素敵だ。エピローグが良かった。感想感想感想感想感想感想感想感想感想感想感想感想感想感想感想感想感想感想感想感想感想感想感想感想感想感想感想感想感想感想感想感想感想感想感想

さんのコメント2017/01/06

結構読みやすい。平易な文章が多い。まりかちゃんの設定が可愛い。
160:「お茶くみだけは、真樹子さんに負けないと思った」「だから、麻子のお茶は銀河一だって言うんだ、どこの喫茶店だって、お客の体調や好み考えながらお茶出したりしないだろう。けど麻子はそれをやるんだ。それに、なんていうか熱意、かな。彼女の入れいるお茶は、すべてをさしおいて、おいしいいんだ。」自分の強みは何なのかを知ることは大切。リフレーミングが役立つかも。

さんのコメント2016/12/17

面白かったです。小気味良い文章で読みやすかったです。江戸人情とファンタジーそして謎解き。神の存在がチラッと出たりして、続編の展開がすごく楽しみです。お気入:子鬼の頭を撫でてやる。鳴家は目を細めて、、若だんなが子鬼まみれになった、、(可愛い)/目に入る世界だけが、この世にあるのではない(今の自分の認識にとらわれ過ぎないこと大事かも)/いや、あっぱれだの、、中身はどうして剛の者のようだ。(ちょっとカッコイイ)

さんのコメント2016/11/17

畑野智美、角田光代(「無性に誰かと話したかったし、何か美しいものを見たかった」「美しく楽しいことばかりではないだろう。相手を憎みたくなることも、腹が立つこともあるだろう。そんなことに、二人を立ち向かわせてあげたかった」)が良かったかな。

さんのコメント2016/11/17

主人公同士がエントランスですれ違うなんて想像するとちょっと楽しい。全体を通じて物悲しさ切なさが漂うものの、どこか共感してしまう。
一歩踏み出すのも留まるのも、それぞれに違った明日・出会が待っている。自分の気持と向き合い日々の事柄に幸せを感じることが大切な気がした。どれも味わいがあり素敵な作品ですが「ホームシアター」「落ち葉焚き」「いばらの城」(『広美はこの部屋がほしいんだな』…『うん』『そうか』)「愛がいない部屋」(『けれど胸にあふれる思いをとめることはできなかった』『なにいってるの。私がいなくちゃママはダメじゃん』『きっと光は世界にではなく人の心にあるのだろう』)が好きかも。なんて感想をその1階のカフェで無性に話したくなったりして

さんのコメント2016/09/28

104「社長が言ってた。思いを伝えるのは手紙が一番って、、、思いを文字にすることで、人はほんの少し顔を上げられる時もある。出来ないときもいっぱいあるけれど。書くことが励みや支えになる。あるいはは、諦めるための助力になる」「でも、一度書いてみれば、渡す渡さないはその後で考えればいい」141「佐伯さんのコーヒーを飲むと、ふっと幸せな心持ちになれた。」143「その時気がついたんだ、手紙って、電話やメールや直接、話をするのとは全然別の方法で、人と人とを繋ぐツールになるんだって」191「恋と性欲の線引ができないのが青春だよ」192「ま、恋と打算の区別がつかないのが大人なんだけどね」「そう、相手が死んだ時に、心底から泣けるかどうか、泣ける相手かどうか、、、私の基準はそこです」