まさゆめ

まさゆめ

雨天決行

@uranarikun2016

さんの書評2017/05/31

▪自分でおいしいって、頭で食べるのではなく、体で食べる

▪自分でおいしいって、頭で食べるのではなく、体で食べる
▪体にいいものも自分に合ってないと意味がない
▪いつ何をどう食べたかで次の食事をきちんと考える
▪体に向き合う時間を作る
▪自分だけの時間を作る
▪できることだけできる時間にできる方法でやる
▪仕方がないとあきらめずリカバーする方法を知る
▪ストレスは悪いものじゃなく、スイスイできる得意分野より苦手の中にこそ可能性が満ちている▪叱られる、心と体の背筋が伸びる
▪すぐできることでなくコツコツ続けて気がついたら出来るようになってた、そんな気づかないほどの緩やかさで体が整っていく
▪感じよく年を重ねる
▪自分のまっすぐが、まっすぐでないことを知る
▪筋肉は、いつも動いてるように動きたがるから、どんどん歪んでしまう。できるだけ体は均等に使うことが大切。体が長持ちになる。
▪心は体に動かされてる
▪姿勢を正せば自信の度合いが増す。
▪人の話しを聞くときも、同じ話しでも姿勢を正して聞くと楽しく感じる、全ては体中心
▪脳はひとりぼっち。脳が環境にアプローチする唯一の手段が体。
▪情報は体から脳に伝わり、脳から信号が伝わって体が動いていく
▪笑顔という体の出力を通して脳がそれに見合った心理状態を生み出している

心はコントロールしにくい、だったらまずは体を整えてみる。背筋を伸ばし姿勢をまっすぐに。たったそれだけでも意識すれば、自分の身体が見えてきます。身体の内側がきれいに掃除されると思考がクリアになる。身体を整えれば心が整う。幸せになる力は、きっと、私たちの身体の中に既にあるはずということ。

この書評がいいと思ったら、押そう! » いいね!

さんのコメント2017/07/24

セッセと断捨離。
手放すことが出来る人って、イメージと逆に貪欲な人なのかもしれない。
何も無い殺風景なものを毛嫌いし、潤いと色気を重視してて、それはそれは贅沢だった。

つまらない服を着てると、つまらない女になるわよ。の言葉通り、いいと思うものを身につけないことは、無意識に自分の価値を下げてしまってるのかもしれない。

さんのコメント2017/05/14

著者のおだやかな声が聴こえて来るようなヨガ本で、読んでいるだけで、リラックス効果を感じられた。
余白の使い方、文字の配列、写真の載せ方、選びとった写真、さりげないけれど、読み手のテンションに合わせてあるのが感じられる。
それは、まさにヨガのプログラムの作り方と同じで、ヨガそのものと受け入れられ、まるで、香さんのヨガを受けてるような心境になれた。

さんのコメント2017/05/09

全部で26ポーズ。
各ポーズを、歪み、身体の不調、引き締め、心の不調、瞑想で、分けられてるので目的によってプログラムしてヨガしたくなる。
見開き1ポーズで、完成写真が大きく見やすい。
インストラクションの他に、ポーズの紹介文、ポイント、効果、NG、ステップアップポーズも、優しい言葉で書かれてるので、スルスル読める。
ありそうでない痒いところに手が届くヨガ本。人気があるのも納得。

さんのコメント2017/05/09

全員同じポーズで無くてもいい。
自分自身の「正しい」を知ること、「努力でできるのがどこまでか」知ることは、自分を大切にすることにつながる。
「足るを知る」、よく生きるための大切な教え。
それぞれのアーサナの写真に、効果、コツ、プラクティス、くずしポーズが見開きでまとめられてます。
2016年発行。

さんのコメント2017/05/09

239頁オールカラー。初心者から、インストラクターを目指す人まで読める、まさに教科書的な保存版のヨガ本。
ただ、イントラダクションの易いMV みたいな実写の漫画は要らなかった。
言葉数も多い、解りやすい、内容も浅くなく、バランス良く、上手くまとまってるだけに、とても惜しい。

さんのコメント2017/05/07

装丁のダサさや、パッとしない表題から想像出来ないぐらい深く心身に根付いた説得力のある良書。
片山さんの語彙や視点は肌に合う。
最近、わからなくて苦しかった「どうして?」や、「どうしたら?」の、答えとの邂逅。
まるで、サーチライトになるべく陽光が射すように。
縺れた糸がほどけ、理由と原因が違和感なく沁みこむ。この本のおかげで、かなり胸が軽くなった。