さんの書評2018/04/12

「ガレノス製剤」の作り方

「ガレノス製剤」について情報が欲しくて手に取った。
本書の定義によればガレノス製剤とは「天然由来であるか否かを問わず、薬効を持つ物質を変容させて、生物が採取しやすくし、診断に沿う病気の治療と予防のために最適な剤形に調剤する技術とその手法」とのこと。
言い回しが難しくてわかりにくいが、薬効成分をクリームや錠剤、カプセル、坐薬などに加工したもの、すなわち我々が普通に目にする「薬」を「ガレノス製剤」というようだ。
著者は薬局を営む薬剤師で、本書の内容はたとえば咳、ニキビ、日焼け、歯痛等々具体的な症状に対するアロマ調剤の処方である。
それぞれの薬効成分をどういう「ガレノス製剤」に加工するのかももちろん記述されていて、ガレノス製剤がどういうものかがなんとなくわかったので目的は達した。
しかし、そのへんのアロマ屋さんで売っているような材料ばかりではないので、本書通りに調剤して試してみるのは簡単ではない。
その意味ではあまり実用上の参考にはならないが、巻末におもしろいデータがあった。
それは著者が調剤につかう精油の成分基準で、たとえばラベンダーならリナロールは25%以上、酢酸リナリルは30%以上、テルピネン-4-オールは2~6%の範囲内、と細かく決まっている。
ためしに手持ちのラベンダーとティートリーをチェックしてみたら、いちおう基準内にはおさまっていたが、成分表に記載されていない微量成分もあったりして、なかなか興味深かった。

この書評がいいと思ったら、押そう! » いいね!

共有する: