さんの書評2018/01/23

日本のメディカルのことなどはひとことも書かれていません

フランス系のメディカルアロマセラピーについて知りたくて手に取りました。
著者はもと地理の先生で、いまは自前の工場で精油を作ったり、メディカルアロマの研究している人だそうです。
医療系の臨床家ではなさそうで、自身の臨床事例はなし。
精油の効能についてはバルネの本から引いているくらいで、フランスの薬局方に入っている精油の情報などもなく、なんだかなぁという感じです。
「日本のメディカルアロマセラピーはこの一冊ですべてわかる」と表紙にも書いてありますが、これはまったくの???。
日本のことなどはひとことも書かれていません。
本書が出た2004年当時はいざ知らず、いまや日本のメディカルアロマセラピーは世界でいちばん進んでいる、ということです(塩田,ISBN-10: 4140883855)ので、あたらしい情報はそっちにあたってみたいと思います。
それにしてもアロマの人は書名に「バイブル」ってつけるのが好きですねぇ。

この書評がいいと思ったら、押そう! » いいね!

共有する: