さんの書評2017/10/18

自分一人で半年で作る家の考え方とその作り方。震災以降の本ですね、これは。

読書メーターリンクが違う本になってるような…??
それはともかく、数あるセルフビルド本の中でもこの本が面白いところは、「これからセルフビルドをする人に向けての基本の考えた方」を示した所だと思います。
いままでの本は期間や値段、大きさにそれぞれの個人的なポリシーがあり、それに賛同すればいいんでしょうが、実行するにはちょっと難しい部分があるように思います。
作者は建築を仕事にしているだけに、何故「自分で家を作るといいのか」ということを、家を建てるという状況から説明しているのが具体的で面白かったです。
というのも、この本は2011年以降に出た本だけあって、コンセプトが全然違うんですよね。
・基本家を作るのは一人で。友人を頼んだり、家族を呼んだりしない
・作り期間は半年、仕事のつもりで毎日作業する
・素人が短期間で作れるように、構造は正方形が基本
・建具は高いのでなるべく少なく、自作で作れる程度のものに限る
しかも建てる前の書類の提出のための準備ページが非常に丁寧で、ここを自分でやれば数十万が節約出来ることをよく知ってるなぁ…と思うことしきり。
食料を確保するための家という考えは非常にシンプルで具体的でもあります。実際今はそういう発想で家を作りたいという人は多いのではないでしょうか。そうなると山より海のほうがタンパク質確保の手段が楽ですよねぇ…。
別の本で「温暖な地域で断熱材や窓にそれほど資金をかけずにすみ、平屋でいいなら350万で家が出来る」という記述がありましたが、まさしくその通りですね。

この書評がいいと思ったら、押そう! » いいね!

共有する: