さんの書評2016/11/213いいね!

癌と戦っている方、支えている周りの方に読んでほしい1冊。


身内に癌になった者がおります。
その事がきっかけで、癌の事を調べたりするようになりましたが
そもそも、癌についての基礎知識がないので、調べていて怖くなる事が多い。
まず、最低限の基礎知識が欲しい。
基礎知識もないのに、判断しようとする事ほど、危ない事はないと思う。
特に、治療の為に抗がん剤を使ったら、数日後には亡くなってしまった、なんて内容を読んでしまうと、怖い。
身内の治療のメインが、抗がん剤だからです。
抗がん剤って、治療に必要だから投与するんでしょ!?
抗がん剤って患者さんを殺す為なの!?
・・・なんて、不安になりましたが
今回ご紹介する、癌と長い事戦って完治した歌手、より子さんは
何度も抗がん剤を受けて、完治しました。
まさか、今の状況になるとは思わずに、10年以上前にこの本を読んでいましたが
読んでいて良かったなーと思います。
本人も、最近起きた、事件の事もあり抗がん剤を怖がっているので
この本を本人に貸してあげたいのですが、私が「ここにある筈」と思っている所にあるとしたら、出すのがかなり面倒くさい。
でも、なるべく早く、本人に渡そうと思っています。

身内は、希少癌です。
症例自体が少ないので、データも少ない。
希少でない癌と、希少な癌の違いも、そもそも分からない。
身内と同じ癌と戦った方の本はありますが、私の調べた限り、闘病記を出版されている方は、亡くなられています。
ご冥福をお祈りします。
身内が患った癌になって亡くなられた方もいますが、完治して、元気に過ごしている方もいます。
身内は幸い、早期発見する事が出来たので主治医からも「完治できるよ」と言われています。
悪魔でも可能性が高い、に留めた方がいいと思うので、その身内が「完治した」と診断されるまで
しょっちゅう笑わせに行こうと思います。

希少癌ではありませんが、癌と戦い治した方のお母さまと本人の著書です。
歌手よりこ。さんの本です。
著書の大半は、お母さまから見た、より子さんや
お母様と、より子さんの周りの人達の様子が、描かれています。
章毎に、より子さんの絵とエッセイも掲載されています。
最期の方では、10ページ程だったかな?という位の、より子。さんのエッセイも載っています。

この書評がいいと思ったら、押そう! » いいね!

共有する: