さんの書評2018/05/19

ビジネスの世界で戦うのならファイナンスから始めなさい。

ビジネスの世界で戦うのならファイナンスから始めなさい。

著者は若干15歳で起業した日本では当時、かなり稀有な存在としてこれまでビジネスの世界で戦い生き残ってきた。
その著者がどのようにファイナンスを捉えているのか?の一端が垣間見れる本である。
基本的なファイナンスの知識がない小生でも内容が理解できる範疇でありる。
それはこの本の根幹を『ファイナンスの知識を考え方の枠組みとしてとらえ、事業を考える。』としており、ビジネス書よりは哲学書に近い位置を狙っている点であり、小生にとって非常に新鮮であった。
著者は事業家と起業家を以下のように定義している。
事業家とは、既存の事業に関わり、それを経営し、成長させていく人
起業家とは、自分で会社を立ち上げる人
そして、事業家となるための一歩としてファイナンスがあり、それを用いて事業を行う時のリスクは何か、それに伴うリターンは何かを考えて、どの事業をどのタイミングで立ち上げるのが最適かを緻密に計画し、時には大胆に実行していくための考え方を養う必要があると説く。
そしてM&Aは乗っ取りではなく、自ら乗り込んで立て直す自信がある者同士の戦いであり、その際にファイナンスを用いて意思決定を行うことが重要であると

目的を哲学的なものとして始めているが、基本的に出てくる話は過去に起こった事例を紹介して、その際に使われたファイナンスの概要を説明している。
どのような意思決定をどの枠組みで捉えたのかは比較が重要であり、その点は目的を達成しているかは大いに疑問が残る。
ただファイナンスを電卓を叩く机上のものではなく、意思決定を行うための一つであるという考え方はアレルギーがあるものに一定の希望と新しい風を吹き込むものに感じる。

この書評がいいと思ったら、押そう! » いいね!

共有する: