さんの書評2018/03/17

最強の独学術 自力であらゆる目標を達成する「勝利のバイブル」

最強の独学術 自力であらゆる目標を達成する「勝利のバイブル」

この著者「本山勝寛」氏は非常に考え方を構造化しており、なぜそのような行動をすべきなのかを理論立てて自らが納得する形で独学を進めている。
まずこの独学がなぜ最強なのか?を自らの経験と現在の状況を顧みて理由を説明し有象無象の読み手を独学術の入り口まで誘い、どのように実践すれば良いのかを実生活に落として説くので非常に説得力が感じられる。
独学術も「独学1.0」、「独学2.0」、「独学3.0」と実践すべき目的、目標を明瞭に示し、その結果、応用を諭す。
各章はそれぞれを更に分解し、読者に生活を想定した内容に合わせ具体的な手法を示し、更に最後にまとめを作り、再確認を行う。
その流れは淀みなく、一気に読める。

独学1.0←独学でのインプットとアウトプットの重要性を説き、現在だからこそ可能であることを示す。アウトプットでは客観的な結果を求め、インプットの改善を図り知識のアップデートを進める。その場で求められる問題への解決(例えば、試験)を想定
独学2.0←自分の知的資産を増やす未来への投資であると同時に、自分自身の知のレベルをアップデートさせる。つまり、現在直面している問題に対応するための知識ではなく、その周辺への造詣を広げ深化させる独学術であり、どのように楽しむのかを説く。
独学3.0←そんな変化にも対応し、進化し続けるための独学術。独学1.0、2.0を実践し、現実世界での応用方法を説く。一生伸び続けるための極意であり、新しい時代を切り拓き、夢を叶えるための力の貯る重要である。

この書評がいいと思ったら、押そう! » いいね!

共有する: