さんの書評2017/01/032いいね!

宮部みゆきの未完の名作



あるところに、とても有能な人がいました。
その有能な人は、多くの人々の役に立ちました。
何十年もの月日が経ち、その有能な人は、この世を去りました。
多くの人が、有能な人の死を嘆きました。そして、思いました。

肉体は滅んでも、その類まれなる能力だけでも、失わずに済む方法はないか?と。



私は小説でも、漫画でも、映画でも舞台でも、歌舞伎でも
表現媒体は問わないけれど、我を忘れてのめりこむように、作品の世界観に浸っている時間が好きです。
そんな、日頃の多くの事から開放させてくれて、我を忘れる程のめり込ませてくれる、私がとても好きな作品の1つをご紹介します。
その作品は、宮部みゆきさんの小説「ドリームバスター」です。
漫画版も出ているようですが、私が読んだ事があるのは原作である小説のみ。

このコメントの最初に書いた文章は、ドリームバスターの内容説明、というにはまだまだ説明が足りません。
このコメントでは、あらすじは省かせて頂きます。

「ドリームバスター」の魅力は、緻密なストーリー展開と、様々なバックグラウンドを持ったキャラクター達が、魅力だと思います。
だけども完結巻が、待てども待てども出ない。
調べたら、掲載誌が休刊だそうで。

いつ、最期の巻が出るのか分からないけど
終わってしまわない今を、ポジティブに楽しもうと思います。

この書評がいいと思ったら、押そう! » いいね!

共有する: