さんの書評2017/01/06

改訂版は用例も豊富で写真もキレイ。いろいろな物を塗ってみたくなる本です。

どこをどう塗ったのかがわかるよう、かなり詳細な写真な写真が掲載されているのが嬉しい。
どうしてこうなってんの??みたいな塗り方も、実は…な種明かしもきちんとされていて、アイデアに唸ることしきり。塗りはDIYの中で比較的力がなくても出来るし、少しの労力でものすごく明らかに効果が出る分野なので、ちょっと始めるのに最適なジャンルだな~と思っているので楽しいです。
塗り方の細かいハウツー写真は改訂される前の本より用例が増えていたり、新しく取り直されていたりして、見ていてホントに楽しいですね!
塗り分野は男性向けのガチ系と女性向けのふんわりナチュラル系に二分されている気がしますが、最近工業資材を使ってのアーバン系塗りが台頭してきているような?気がするので、今後この分野がどっちにいくのか、楽しみですな~。こちらにも確実に女性が進出してきた結果、ナチュラルな家具やシンプルな室内に合うパステルカラーや、ナチュラル系の淡い渋い色のバリエーションが増えたり、一度塗りで早く乾く塗料が出来たり、床にも使える汎用性の高い塗料が出来たりと動きがあって、それもまた嬉しい限り。体に負担のかからない、伸びのよいコスパのいい塗料が開発されたり、海外のメーカーのペンキが入手しやすくなったりするのもありがたいです。
今回の本はいままでのシリーズよりもかなり女性のユーザーに寄っている感じがするので、このシリーズが今後どうなるのか楽しみです。
写真のデザインやレイアウトも、いままでの本よりかなり洗練されていて、見ていて楽しいです。
ハウツー本は「これいいな~!」と楽しく気持ちよくならないとやる気にならないので、その点でこの本はかなり楽しめる本だと思います。

この書評がいいと思ったら、押そう! » いいね!

共有する: