カーリル

小学校教員になるにあたって読んでみてほしい児童書(鎌田和宏先生に2016年冬至に寄せられたセレクト)

お気に入り図書館を設定すると、貸出状況が表示されます。 ⇒エリアを選ぶ
図書館指定なし
   
図書館指定なし
   
図書館指定なし
   

ひみつの山の子どもたち―自然と教育

兎の眼 (角川文庫)

ありがとう、フォルカーせんせい (海外秀作絵本)

富山 和子

灰谷 健次郎

パトリシア ポラッコ

長野県のH館長の人生を変えた書。伊那の七久保小学校の実践ルポだけと、ストーリーだから読みやすい。 学んでほしい、教師のまなざし。(中) これは私の推薦図書です!とっちやぁ嫌だなぁ(鎌)

この本を読んで教師になろうと思いました。(有) 教師をしたことがある経験を生かしながら子供の心を描いていると思います。(伊) 自分に影響を与えた教師インタビューでも多く紹介される本です。(鎌)

絵を描くことは好き。でも、文字も数字も読み書きが苦手なトリシャに先生は特別な練習をはじめます。(中) 確かにこの本はお薦め(野)

図書館指定なし
   
図書館指定なし
   
図書館指定なし
   

ありがとう、チュウ先生

こんにちはアグネス先生―アラスカの小さな学校で (あかね・ブックライブラリー)

テラプト先生がいるから

パトリシア ポラッコ

カークパトリック ヒル

ロブ・ブイエー

『ありがとう フォルカー先生』続編。チュウ先生の導きと励まし。周囲の誤解に毅然とむかうチュウ先生に注目。(中)

アラスカの小さな学校に赴任した先生のお話。 歴史を学んで劇にするシーンが、私には印象的でした。(中)

これは出来すぎた話かとも思ったが、一応。(中)

図書館指定なし
   
図書館指定なし
   
図書館指定なし
   

ひみつ

こちら『ランドリー新聞』編集部 (世界の子どもライブラリー)

教室はまちがうところだ

福田 隆浩

アンドリュー クレメンツ

蒔田 晋治

福田隆浩氏は現役の先生。彼の作品は教師には見せないこども同士の関係がこんなにかけるなんて…と絶句することしばしば。 これは学校図書館も安全地帯ではないことも描いています。おそろし〜(中)

新聞でニュースを配信する責任を実感できる子どもたち活動というか、事件というか。(中)

研修か何かで聞いてくるのか、若い先生の方から、あるかどうか質問されることがよくあります。(村)

図書館指定なし
   
図書館指定なし
   
図書館指定なし
   

おこだでませんように

あのね、わたしのたからものはね (幼年翻訳どうわ)

アイちゃんのいる教室

くすのき しげのり

ジャニス=メイ=ユードリイ

高倉 正樹

保護者にも勧めています。(村)

ショウ&テルの子どものドキドキを描いたこれ (中)

教室が子ども達にとって過ごしやすい場であるように。(高)

図書館指定なし
   
図書館指定なし
   
図書館指定なし
   

となりのせきの ますだくん (えほんとなかよし)

どろぼう がっこう (かこさとし おはなしのほん( 4))

ブーフーウー

武田 美穂

加古 里子

飯沢 匡

ますだくんが怪獣になっていますが、ほんとうは…。シリーズが何冊かあります。

ぬきあしさしあししのびあし…学校は学校でもどろぼう学校。リズミカルに読めるので、ぜひ子どもたちに読んであげてください。

わー、これフォア文庫にもありました。むかーし昔、TVでもやっていたのでした。

図書館指定なし
   
図書館指定なし
   
図書館指定なし
   

11ぴきのねこ

だれも知らない小さな国―コロボックル物語 1 (講談社青い鳥文庫 18-1)

ウエズレーの国

馬場 のぼる

佐藤 さとる

ポール・フライシュマン

ユーモアたっぷり絵本です。 11匹の猫たちが力を合わせて…

ファンタジーがダメな私でも読めたファンタジー(^^) (池) さとうさとるならば『わんぱく天国』もいいですよね(鎌)

ウェズレー少年は夏休みの自由研究で、「国」を作ってしまいます。文字も作っちゃうんだよ。

図書館指定なし
   
図書館指定なし
   
図書館指定なし
   

あいうえおのき―ちからをあわせたもじたちのはなし

花さき山 (ものがたり絵本20)

モモ 時間どろぼうとぬすまれた時間を人間にかえしてくれた女の子のふしぎな物語

レオ・レオニ

斎藤 隆介

ミヒャエル エンデ

サブタイトル「ちからをあわせたもじたちのはなし」 のんびりあいうえおの木にくらしていた文字たちが、力を合わせて…。文字に調味を持ち始めた子たちに読みたい。ミュージカルで演じてくれた先生がいました。

ストーリーテリングにチャレンジした校長先生は…最近はキレる子どもたちが多くなったので、我慢することができた時に、今あなたは花を咲かせたね、と声をかけたいからと「花さき山」の読み聞かせに教室を回っておられました。(原)

みんなの時間をうばっていく灰色の男たちから時間を取り返す不思議な女の子のはなし(中) 『モモ』はA先生が、歴史の授業をしているときに並行して読み聞かせされていたと聞いたことがあります。(鎌)

図書館指定なし
   
図書館指定なし
   
図書館指定なし
   

ちいさいモモちゃん (講談社文庫)

100万回生きたねこ (講談社の創作絵本)

わすれられないおくりもの (児童図書館・絵本の部屋)

松谷 みよ子

佐野 洋子

スーザン・バーレイ

ズバリ、小さいモモちゃんのお話。本の帯には「モモちゃんシリーズは、真実を教えてくれる 温かく、優しく、恐ろしい物語です。」 と。モモちゃんのような小さい子が感じていた様々な感覚が、感じとれるはず。

小さい子から大人まで、ファンは多いです。 私はこれはあまり小さい子には読めなくて、大きい子の方が効くと思います…(中)

教科書にも登場しますね。 やさしいアナグマさんを思い出を語るみんなです。

図書館指定なし
   
図書館指定なし
   
図書館指定なし
   

たいせつなこと (ほんやく絵本)

ウルスリのすず (大型絵本 (15))

きみの行く道

マーガレット・ワイズ ブラウン

ゼリーナ・ヘンツ

ドクター・スース

たいせつなことってなんだろう。忙しい毎日や溢れる情報の中で見失いがちなことを、改めて気づかせてくれる絵本。そう、あなたにとって最もたいせつなことは「あなたが…」それを子どもたちに伝えてほしい。(有)

61年前に読んだ絵本。(木) 子どもが自分で壁を乗り越える時、それを見守れる大人でありたい(優)

卒業を控えた6年生に読み聞かせをしたい本です。もしかしたら先生自身が元気づけられるかもしれません。大人にもオススメです。(居)

図書館指定なし
   
図書館指定なし
   
図書館指定なし
   

山の上の火―エチオピアのたのしいお話 (岩波おはなしの本 (4))

きょうしつのつくり方

新装 ぼくを探しに

ハロルド・クーランダー

岩瀬 直樹(原案)

シェル・シルヴァスタイン

ある校長先生が「山の上の火」を紹介して、そんな教員になりたいと言っておられました。古い本でしたが。(原)

そのまま大学生向けに奨めてますよ。児童書なのかな。(鎌) 子どもにも考えてもらえるといい。(中)

シルヴァスタインの「ぼくを探しに」と「おおきな木」。どちらも考えさせられました。(嵐) ぼくを探しには,読み手の成長で読み方が変わりますよね。(鎌) 高校教師のおり、自己紹介の次に取り出した絵本です。(中)

図書館指定なし
   
図書館指定なし
   
図書館指定なし
   

二十四の瞳 (角川文庫)

ビロードのうさぎ

テラビシアにかける橋 (偕成社文庫)

壺井 栄

マージェリィ・W. ビアンコ

キャサリン パターソン

『二十四の瞳』 登場する大石先生に憧れて小学校教員を目指し、教育学部に入学しました。教員生活の「原風景」が描かれています。(筧)

『ビロードうさぎ』 世の中においてホンモノとは何か? 純粋な少年の心が奇跡を起こす物語です。大人にも子どもにも必要な絵本でしょう。泣けます。(筧)

『テラビシアにかける橋』 国際アンデルセン賞に輝いた名作。小学生のうちに絶対読んでほしい!と強く思います。子どもの時、こんな気持ちだったなぁ、と、大人の心にも響きます(筧)

図書館指定なし
   
図書館指定なし
   
図書館指定なし
   

びゅんびゅんごまがまわったら (絵本・ちいさななかまたち)

ヤクーバとライオン (1) 勇気 (講談社の翻訳絵本)

対訳 21世紀に生きる君たちへ

宮川 ひろ

ティエリー・デデュー

司馬 遼太郎

こんな学校にしてみたいと思って、びゅんびゅんごまの練習もしました。3個は回せます。4個はギブアップ。(雅) この本が好きで、総合学習でびゅんびゅんごまづくりの実践やった人も同僚でいました。(鎌)

価値観というものを見事に表現した一冊。子どもの育ちのなにを見とるか?その子にとって価値あることがなにであるのか?という視点を見失わないでいてほしい。続編「ヤクーバとライオンⅡ信頼」もぜひ。(優)

作家・司馬遼太郎から、二十一世紀の社会に生きる子どもたちへのメッセージ。無駄のない文章の中に、まるで遺言のように閉じ込められた穏やかだが熱い思いを、子どもたちと共有してほしい。(優)

これから小学校教員になりたい人へにオススメ

「小学校教師をめざす大学生に奨めたい絵本・児童書100冊なんていうリストがあったらいいなぁ?あなたなら何を奨めます?」という、Facebookの鎌田和宏教授の呼びかけにかきこまれた作品をまとめてみました。
 この中にモデルとなる教師像があったり、教室の子どもたちの人間模様や、ハラハラ・ドキドキもあります。教育方法をお話の中で教えてくれるのもあります。読んであげて、楽しいものもあれば、自らの生き方、歩む道を示してくれる、励ましてくれる本もあります。全部でなくとも、気になる1冊からどうぞ読んでみてください。

追伸:読み手の成長で読み方が変わる、シルバースタインの『ぼくをさがしに』と、『おおきな木』を入れるのを忘れました。『二十四の瞳』『ビロードうさぎ』『テラビシアにかける橋』も、あとから登場。

13人の人が「いいね!」を押しています。

閲覧回数:2640回、公開:2016/12/23

レシピの感想を書く

▶Twitter上のコメント

コメントの中にレシピのアドレスを残してね

書いた人 : Miyuki NAKAYAMAさん

東京生まれの東京育ち。東京というローカル人。本屋も古本屋も好きだけど、やっぱり図書館。選書した1冊がやってきて、いの一番におりぐせをつけるのは最高に気持ちいい。本と本の組み合わせ、つながりで立ち上がるふしぎな縁の妙も好き。声に出すのも仕事のうち。いままで1万人くらいにきいてもらってきたのかも。冬眠期間もあったけど学校図書館オンリー職場。「学校図書館活用データべース」のサイトを作ってやってきました。

Twitter : nakayamam - 作者につぶやく

この人が書いたレシピ

もっとレシピを読む