カーリル

詩の贈りもの

お気に入り図書館を設定すると、貸出状況が表示されます。 ⇒エリアを選ぶ
図書館指定なし
   
図書館指定なし
   
図書館指定なし
   

ポケット詩集

幼い子の詩集 パタポン〈1〉

版画 のはらうた

工藤 直子

日本の現代詩のアンソロジー。多くの人が教科書で出会っている作品をはじめ、有名なものも多いです。老若男女を問わずおすすめです。シリーズで3巻まであります。贈りものにもおすすめ。類書で俳句、川柳版も有。

幼い子の、と銘打っていますが、大人にもうれしい美しい詩のアンソロジー。こちらは日本だけでなく世界の詩から幼いこどもに聞かせるにも向く作品を選んでいます。2巻もあります。

詩集「のはらうた」に収められた詩に楽しい木版画が添えられた楽しい作品。絵本を読むように、いろいろないきものの気分になりきって詩を楽しめます。赤ちゃんのいる家庭への贈りものにもおすすめ。

図書館指定なし
   
図書館指定なし
   
図書館指定なし
   

ことばあそびうた (日本傑作絵本シリーズ)

生きる (日本傑作絵本シリーズ)

詩ってなんだろう

谷川 俊太郎

谷川 俊太郎

谷川 俊太郎

こどもたちにも大人気うけあいの、谷川俊太郎のことばあそびたっぷりの詩を集めた詩画集。瀬川さんの絵も楽しい。

小学校の国語の教科書にも載っていて有名な谷川俊太郎の「生きる」一編を絵本に仕立てた作品。詩の言葉と絵で表現された物語の世界がつかず離れず想像の世界を広げ、一編の詩をゆっくりと味わえます。

標題の質問への、谷川俊太郎という一詩人による回答のこころみ。わらべうたやなぞなぞから短歌に方言まで、詩の世界はひろく深く、こころに響くものなのだな、と死の世界への敷居を低くしてくれます。

図書館指定なし
   

生きる (月刊 たくさんのふしぎ 2013年 09月号)

谷川俊太郎

(参考までに)「生きる」は月刊絵本「たくさんのふしぎ」シリーズが初出でした。

子どもから大人までみんなにオススメ

詩集というとなにやら高尚そうで、好きな詩人がわかれば自分で買う人もいるかもしれませんが、
人に贈るとなるとむずかしそうなものです。
ここには詩のアンソロジーやこどもから親しめるような詩の本を集めました。
コンパクトで造本や装幀が美しく、贈りものに向いているものも多いです。
谷川俊太郎の作品が中心なのは個人的な好みですが、
耳に心地よくこどもでも楽しめるような詩をたくさん世に送りだしているので
詩の世界の入口に立っている人にぴったりだと思います。

上の段の3冊をだしている童話屋はハードカバーの文庫版でほかにもたくさんのうつくしい詩集を作っています。
まずはアンソロジーでさまざまな詩人や作品にお近づきになって、
そのなかから気に入った作品の詩集をぜひ手にとってみてください。

3人の人が「いいね!」を押しています。

閲覧回数:699回、公開:2016/09/05

レシピの感想を書く

▶Twitter上のコメント

コメントの中にレシピのアドレスを残してね

書いた人 : のりすさん

こどもの本が大好き。
絵本・児童書は幼いころ出会ったロングセラーから、こどもたちとともに出会った新刊まで。
大人の本は、文庫・新書中心に出版社PR誌も愛読。
最近はようやくまた図書館に通う時間ができました。

Twitter : sakomakoharu - 作者につぶやく

この人が書いたレシピ

もっとレシピを読む