カーリル

ボランティア読み聞かせ:小学校の「朝のさわやかタイム」(小学1・2年)

を探しています ⇒変更する
   
   
   

ねえ、どれがいい? (評論社の児童図書館・絵本の部屋)

ろくべえまってろよ (ぽっぽライブラリ みるみる絵本)

わゴムはどのくらいのびるかしら?

ジョン バーニンガム

灰谷 健次郎

マイク サーラー

英国ケイト・グリーナウェイ賞を受賞した「ガンピーさんのふなあそび」の著者。美しい絵と「どれがいい?」って選んでいくお話に子供だけでなくついついひきこまれます。

小学校一年クラス向け。同じ一年生グループと犬のろくべえのおはなし。途中に歌も出てくるのでみんなで大合唱しました。ハラハラしてキュンときます。

わゴムを伸ばすと、、、どこまでいくのかなぁ?イラストが長ーい長ーいおはなし。

   
   

くまのこうちょうせんせい

ずどんと いっぱつ―すていぬシンプ だいかつやく

こんの ひとみ

ジョン バーニンガム

自らが病気になっても「命の授業」を続けた校長先生を絵本化しています。くまの校長とひつじ君の心温まるおはなし。

ちっぽけで、ふとっちょで、誰が見たってみにくい、めすのこいぬシンプが様々な困難を乗り越えて大活躍していきます。

小学校1-2年 or 読み聞かせ本を探している方にオススメ

小学校の朝のさわやかタイムで10分程度のお話を読みました。ボランティアで小学校の読み聞かせに行かれる方の参考になればと思います。今回は小学1年と2年の4つのクラス。低学年のクラスは、動物が出てくるお話は親近感があり、イメージが膨らみやすいようです。

1人の人が「いいね!」を押しています。

閲覧回数:344回、公開:2017/06/19

レシピの感想を書く

▶Twitter上のコメント

コメントの中にレシピのアドレスを残してね

書いた人 : 蛭川おはなしの会さん

岐阜県中津川市蛭川のおはなしのグループ。
蛭川済美図書館を中心に、読み聞かせや地域のお話の掘り起こし、聞き書きなどの活動をしています。
図書館では、毎月第1・3火曜15時頃~子供向けのおはなしを、またおはなしとアクティビティを交えた季節のお楽しみ会、クリスマス会なども行っています。

この人が書いたレシピ

もっとレシピを読む