カーリル

クリスマスプレゼントはもうお決まり?(FMPiPiゴルサン12/25放送より)

を探しています ⇒変更する
   
   
   

ブルーデイブック―誰でも落ち込む日がある。

どうぶつたち

The Soul Support Book

ブラッドリー・トレバー グリーヴ

まど みちお

Deb Koffman

Blue Dayとは落ち込んでる日。でもこんな本があったらホッとため息でもついて思わず口元に微笑みが浮かぶかも。動物たちの白黒写真を著者が選んでコメントをつけたら、笑顔を呼んで世界中のベストセラーに。

ぞうさんの唄の作者の詩を美智子皇后が英訳してアンデルセン賞を受賞。日本語も訳詩もどちらも素晴らしい。詩には音とリズムが大事だということがよくわかります。思わず声に出して読んでみたくなる本です。

アメリカで出会った本。何かへの反応の仕方を四角い箱との12種類の関わり方で表したり、ちょっと凹んだり停滞した時に、脳に新鮮な酸素を吹き込んでくれることは間違いなし。イラストとユーモアで元気が蘇ります。

   
   
   

ふしぎな たね (美しい数学)

ゲゲゲのゲーテ (双葉新書)

23分間の奇跡

安野 光雅

水木 しげる

ジェームズ・クラベル

おはなしを読むと知らないうちに数のイメージがわかってしまう不思議な本。数々の受賞歴のある著者の素朴なストーリーとシンプルな絵が読み手の想像をかきたててどんどん世界が広がっていきます。ラストもほんわか。

帯の言葉通り著者に大きな影響を与えたゲーテによる93の言葉を紹介して自説を展開。作品よりもゲーテ本人に興味がありゲーテと聞くだけで背筋がしゃんと伸びる気がするほど人間的な大きさにひかれたようです。

さっきまで信じていたものをこんなにも簡単に人は忘れて全く反対の意見に変わるのか、という体験ができる本。子どもの話だと片づけて自分は絶対にそうならない、と言い切れる人はどれ位いますか?青島訳もすごい。

クリスマスプレゼントを何にしようかお悩み方ににオススメ

多治見のラジオ局FMPiPiの「ゴールデンサンデー」(毎週日曜10~12時)から
「うふふブック」(第2・4週)でご紹介したおすすめ本を掲載しています。
FMPiPiホームページ http://www.fmpipi.co.jp/(←放送はインターネットでここから聴くことができます)
ゴールデンサンデーブログ http://ameblo.jp/goldensunday/ (番組の内容はこちらで)

【2016年12月25日(日)放送】∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
今回は、クリスマスにちなんで、クリスマスプレゼントにするなら、どんな本を?というテーマで選びました。
おすすめしたい本は山ほどある中、この寒い時期に、ちょっと心が温まったり、暖かい部屋でノンビリ読むのにちょうどよさそうな読みやすくて心に残るものをピックアップしました。
年末年始のお休みに、ちょっと読書タイムというのはいかがでしょうか。

ゴールデンサンデーのブログでの紹介ページはこちらです。
http://ameblo.jp/goldensunday/entry-12231036491.html

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

ゴールデンサンデー2016年の後半シーズン6の「うふふブック」コーナーでは
<第2週>
東濃の5つの図書館(多治見、土岐、瑞浪、恵那、中津川)から毎回1館の活動をとりあげ、その関連本を
<第4週>
パーソナリティのKuniが選んだテーマの関連本を
放送と同時進行で、それぞれご紹介していきます。

このレシピがいいと思ったら、押そう! »

閲覧回数:161回、公開:2016/12/24

レシピの感想を書く

▶Twitter上のコメント

コメントの中にレシピのアドレスを残してね

書いた人 : FMpipi ゴルサン「うふふブック」さん

岐阜県多治見市のFM PiPi 76.3MHz
日曜午前10~12時放送「 ゴールデンサンデー」。
第2週の「うふふブック」で本を紹介しています/ブログ http://ameblo.jp/goldensunday/ /ラジオ以外でも聴くことができます/PCは http://www.fmpipi.co.jp/ から/スマホは http://tun.in/selbh からアプリをインストール!

Twitter : FMPiPi - 作者につぶやく

この人が書いたレシピ

もっとレシピを読む